--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-31(Fri)

夏も終わりかな

私の住んでいる新潟ではここ数日ぐずついた天気が続いてい


ます。今日も朝からずっと雨。


少し前までは気が狂ったような暑さだったのに、嘘みたい。


もう季節は秋なんでしょうか。


早い所では既に稲刈りが始まっています。


新潟県でもっとも早く稲刈りが始まるのがどこかわかります?


先日の中越沖地震で被害の大きかった、刈羽地区だそうです。


地震の影響で水田に損傷のできたところも多かったそう。


作柄に影響がないといいんですが。


ともかく、新潟に居住している人間としては、稲刈りが始まると


「秋だなー」と感じます。


ちょうど相棒が脇で「ラ・メール」「枯葉」なんぞ聞いているので


なおさらしんみりとしちゃいます。


相棒、柄に似合わずシャンソンとか聴くんです。


実はかなり以前からの梅ちゃんファン。その影響でしょうか。


梅ちゃんとは梅垣義明さん。「WAHAHA本舗」の役者さん。


別にシャンソン歌手って訳ではないんですけどね、「ろくでなし」


を歌いながら鼻の穴から豆を飛ばすネタがありますよ。


私、全然しらなかった。こんな変な人。


でも相棒にコンサート(ステージと言うのか?)に連れて行かれて


すっかりファンになりました。だって馬鹿みたいに笑える。


日頃たまった鬱憤も吹っ飛びますよ。


なんだかタイトルと全然関係ない話題になっちゃいました。


そんなところで今日はここまで。



スポンサーサイト
2007-08-30(Thu)

苗名滝

今日は涼しげな画像からどうぞ。


新潟県妙高市にある苗名滝です。

2005_0522画像0019



新潟県と長野県との県境、関川にかかる落差55mの滝です。


「日本の滝百選」にも選ばれている、豪快に流れ落ちる姿の


素晴らしい滝です。


写真を撮ったのは5月下旬、水量の多い時期のため、いっそ


う、迫力を増しています。


滝への遊歩道も整備されており、駐車場からつり橋までは徒


歩15分ほどの行程。


妙高市には多くの温泉や、ハイキングを楽しめるスポットなど


たくさんあります。上信越自動車道でアクセスも◎


是非お出かけください。


妙高市観光協会はこちら
http://www.myoko.tv/ 

2007-08-29(Wed)

政治家のこと

あまり政治に対して語るような資質を持っている訳ではあり


ませんが、マスコミ報道で少々違和感を感じたことがあった


ので、それについて書きます。


内閣改造が成功したのか、内閣支持率が若干あがりました。


そんな中で、農水大臣に選ばれた遠藤 武彦氏。


インタビューでこう答えていましたね、


「このポストだけは嫌だった。」


あまりに国民を馬鹿にしてません?


農水大臣というポスト、いろいろありましたね。


国民だってそれくらい知っています。


でもね、引き受けるのならそういう後ろ向きな発言はするべ


きじゃない。心の中にしまっておいてください。


そもそも大臣になる以前に、なんで国会議員になったの?


そもそも困難な仕事が嫌だという人が我々国民の代表として


相応しいのでしょうか。大いに疑問です。


それから安倍首相にも不満があります。


参院選惨敗から内閣改造までの間、人事のことで頭がいっぱ


いだったのでしょうか、内政がお留守になってたようですね。


例えば米国サブプライムローン破綻で起こった同時株安。


日経平均が急落してもなんの手当てもないですよね。


内閣改造後もご祝儀相場って何?って感じです。


今日も日経平均、大分下げました。


他にも問題山済みですが、身内のことにばかりかまけてないで


一生懸命頑張って欲しいです。でないとこの政権、本当に崖っ


ぷちから転げ落ちてしまいますよ。


今日は少々背伸びをして書いてしまいました。





2007-08-28(Tue)

旅館の食事 続き

昨日の続き。


今日は具体例を少しお話します。


白骨温泉の旅館の夕食。


結果をいいますと大満足でした。


長野県水産試験場で開発されたニジマスとブラウントラウト


を交配させた、信州独自のブランド、「信州サーモン」なるも


のがお造りで出されました。


とろけるような食感ながら、しっかりとした旨みがあり、大変


美味。


実は、以前から気になっていた食材だったので、出されたら


いいなー、と淡い期待があったのです。


その他の料理も一切手抜きはなし。信州といえば、馬刺しが


定番なところですが、馬肉が鍋仕立てで出されたり、デザー


トのシャーベットや、フルーツに至るまで、しっかりと一手間


かけてありました。


朝食も内容、ボリューム満点。白骨名物の温泉粥も、もちろん


美味しかったですが、粥の他に白米を選べるのも◎。


この様に満足のいくお宿ばかりだったらいいのですが、やはり


不満の残る所も少なからずありました。


詳細は省きますが、ホントにこれでお客さんが納得すると思っ


ているのか、と首をかしげたくなるところもあります。


今でも笑い話になっているのが、伊香保温泉の某旅館。


水沢観音名物で水沢うどんがありますが、この旅館でも出され


ました。献立には「水沢風うどん」とありましたが、箸でつまんで


ビックリ、うどんがくっついていて、そっくり全部持ち上がってきま


したよ。味のほうも・・・。


水沢うどんは「清水屋」さんや「大沢屋」さんでいただいたことが


ありますが、これじゃ、失礼です。


美味い不味い、だけじゃなく、名物をだいなしにするようなことが


いかがなものかと。


長くなったので今日はこの辺で。


この話題、そのうちまたしたいと思います。





2007-08-27(Mon)

旅館の食事

訪れた旅館で期待するもの、何ですか?


食事! という人も多いと思います。


特に日常家事に追われていると、上げ膳据え膳だけでも大変


嬉しい。これで内容が素晴らしかったら文句なし、です。


以下、私の個人的意見を書きます。


私は品数にはこだわりません。その土地でしか食べられない


ようなもの、ちょっと手が入っていて、「こんな食べ方があ


ったんだ~」と思わせるもの、どの品をとっても、品数合わ


せの一品ではなく、作り手のこだわりの感じられる料理。


そんな食事が出されると、当りっ!、と思います。


あと、お品書きが添えられているお宿がありますが、これも


嬉しい。その旅館の写真と一緒にとっておくと、後々いい思


い出になります。


相棒が日本酒に目がないので、その土地の地酒が数種類ある


ことも大切。お気に入りのお酒があれば、それだけでそのお


宿の評価が断然アップします。


大事だと思うのが、最後のしめのデザート。


むいただけのフルーツじゃあ物足りない。


ここでも食べる側に「へぇ~」と言わせるものが出れば、満


足感もひとしおです。


100のお宿があれば100の個性。自分の価値観にピッタリ、と


いう所を見つけるのは大変です。


明日もこの話題続けます。








2007-08-26(Sun)

自分だけの温泉

日本に温泉が好きだ、と言う人は数多くいることでしょうが、


自分専用の温泉を持っている人となると、その数は限られる


と思います。


最近は温泉権利付きの別荘地や、マンションなどもあるよう


ですが、それでもごくわずかです。


私も温泉巡りをしていて、肌になじむいいお湯に出会えた時


などは、こんな温泉が自分の家にあったらいいな、と思うこ


ともしばしばです。


福島県西会津町にある「古澤屋」というお蕎麦屋さんの敷地


内に清兵衛温泉という温泉があります。実はこの清兵衛温泉


は「古澤屋」のご主人の専用温泉なのです。


しかしこの社長、自分の利用しない時間は無料で一般客に開


放してくれます。太っ腹ですね。


まずお店で鍵を借ります。お風呂は貸切で使用するため、先


客がいる時は蕎麦でも食べて待ちましょう。

20070826071255.jpg



個人の温泉ですから、大きさはさほど大きくはないものの、


2~3人程度での利用なら、ゆっくりとくつろげる広さがあり


ます。眺望も店の裏手を流れる阿賀川を見下ろせるつくりに


なっているため、バッチリです。


肝心の温泉ですが、温度はややぬるめ。大量の泡付きがあり


最初はびっくりしました。そのうち肌にびっしりと付いた気


泡が心地良くて、癖になりそう。


浴槽の大きさに対して、源泉が掛け流される量もはんぱじゃ


なく、ドバドバといった感じであふれてしまいます。


20070826071219.jpg



ちょっともったいない気もしますが、とってもぜいたく。


こんな素晴らしい温泉を個人で持ってるってすごく羨ましい


ですね。


場所は国道49号線沿い、西会津ICより新潟より、大きな赤べ


こが目印です。


ちなみにこのお店新潟市にもありますが、温泉のあるのは西


会津だけです。


2007-08-25(Sat)

温泉ソムリエの番組

温泉ソムリエ遠間和広さんが出演している番組のご紹介。


番組名は【松尾貴史のディープジャーナル】です。

http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_onsen.html


あの有名なTVチャンピオン3連覇の郡司勇さんと共に温泉


について語っています。


郡司さんといえばご存知の方も多いと思いますが、温泉に対


するあくなき追求心はすごいものがあります。


ただ単に温泉に数多く入っている訳ではなく、人並みはずれ


た感覚の持ち主で、泉質分析の鋭さは目を見張るものがあり


ます。野湯に対する執念もすごいですよねー。


そんな二人が司会の松尾貴史さんを交えて、それぞれのおす


すめ温泉などを語る番組なのですが、温泉に対する基本的な


考え方は一緒ですが、おすすめ温泉についてはまったく異な


った観点で選ばれていて、それぞれの特色が出ています。


お二人による「全国温泉ベスト3」は


●遠間和広さん

1位 新潟県「妙高高原温泉郷」


2位 群馬県「草津温泉」


3位 熊本県「黒川温泉」


●郡司勇さん

1位 大分県「別府温泉(神和苑)」


2位 鳥取県「三朝温泉(旅館大橋)」


3位 鹿児島県「硫黄島温泉」


ということです。詳しく知りたい方は番組でどうぞ。
2007-08-24(Fri)

温泉ソムリエ

「温泉ソムリエ」ってご存知ですか。初めて聞いたという人も


多いと思います。


フランス料理のソムリエがワインの専門知識を持つように、温


泉の基礎知識を持ち、入浴法のアドバイスができる人のことを


そう呼ぶのだそうです。


この「温泉ソムリエ」は新潟県旅館組合として登録商標を取得


しており、その認定は赤倉温泉で行っています。


長野県境に程近い妙高市にある赤倉温泉はかつてはスキーヤー


で賑わっていたそうですが、近年のスキー離れもあり、集客も


伸び悩む中、アイデアを絞ったのでしょうかなかなかの評判ら


しいです。何でも西村知美(タレント)さんも「名誉温泉ソム


リエ」だとか。


不定期ですが、「温泉ソムリエ認定ツアー」があり、これに参


加すると晴れて「温泉ソムリエ」となれるそうです。


興味をお持ちの方はこちら

http://www.akakura.gr.jp/~akakura26/


温泉好きには有益な情報が載っています。正しい入浴法や、


温泉の基礎知識など、押さえて起きたい事柄満載です。


また、管理人の温泉ソムリエ遠間和広さんは現役の温泉宿の


ご主人なので、私達にはなかなか知りえない情報などもあり


ます。なるほど、と思うことしきりですよ。












2007-08-23(Thu)

旅館について。続き

未熟な私が選んで失敗だった宿、まず1つ目は値段に誘われ


飛びついたら大失敗だった例。


2月の寒い北陸路。2泊3日で福井、石川県をまわる旅でし


た。とある情報誌に載っていた「平日限定カップルプラン、


カニづくしの料理がついて通常2万円が半額!の一万円」


北陸でも有名な温泉地のテレビにも出ていた宿でした。


その日に観光で訪れた東尋坊では軒を並べた商店の店先からも


うもうとカニを茹でてる湯気が出ていました。食べたい気持ち


をグッと押さえ、夜はカニ尽くしだぞーと自分に言い聞かせ我


慢しましたよ。その後永平寺などを回って夕方早めに宿にチェ


ックイン。歴史の古い温泉地のちょっとはずれにあるその宿は


少し古びていたものの、川沿いに立ちロケーションもなかなか


のもの。期待は高まります。


早速仲居さんに部屋まで案内されます。お茶のもてなしを受け、


簡単な説明があり。そして相棒が仲居さんに尋ねました。


「○○○まではどの位で行けますか」


○○○とは明日宿を出た後最初に訪れる予定の観光地です。後


で解ったのですがその宿からは車で10分程のところ。かなり有


名な観光名所なんですけどね。


仲居さん「ここから金沢まで高速バスで1時間と少しかな?」


相棒「金沢じゃなくてこの近くにあると思うけど・・・」


仲居さん「・・・・・・・・」


まぁ中には他所から来たばかりで解らない人もいるよね、と二


人で苦笑い。この程度じゃご愛嬌ですよね。


夕食前にお風呂に入って疲れをとります。うーん、温泉ってい


いな、ジャグジーもあるし。露天だって小さいけどあるし、目


隠しで何も見えないけど・・・やっぱいまいちだわ。


でも今日のメインはカニだよね。2万円のプランだもの。


松葉ガニの高級品は一杯3万円とかいうけど、私達のだってそ


れに劣らず素晴らしいはず。


しかし出された料理は1万円の内容にふさわしいものでした。


確かに一杯まるごとのカニはあるし、他にもいろいろあったけ


ど見た目もお味も貧相なもの。カニの茶碗蒸しなんかスーパー


の惣菜と変わらないし、茹でガニなんて身入りが少なくスカス


カだった。新潟あたりじゃこの程度のカニなら味噌汁の具にし


かならないぞ。ここはカニの本場じゃないんかい!


でも冷静に考えれば確かに1人1万円しか払わないわけだし、


1万円ならこの内容で納得かもしれない。


でもねぇ、この内容で1万円なら、はなから泊まろうなんて思


わなかったわけだし。まんまと相手にしてやられたのかな。


自己責任ですね。私が悪かったんです。反省。


まあ、2・3日目と楽しい時間を過ごせたし、金沢では大変満足


のいく食事も摂れたので全てが駄目な旅ではなかったのですが。


何があっても二度とこの旅館には行かないだろうなぁ。という


のが素直な感想です。






 
2007-08-22(Wed)

旅館について。

宿泊を伴う旅行の計画をたてるとき、何処へ行くか、と並ん


で大切なのが「どんな所に泊まるか」だと思います。


観光地や温泉地には数多くの旅館、ペンション、リゾートホ


テルなどがありますが、その中からどこを選べばいいのかと


いうと本当に悩むところです。


私達の場合は二人の間で、「一度泊まってみたい」「以前泊


まったことがあるが、是非再訪したい」というリストがあり


ます。けれども毎回そのリストの中の旅館に泊まれる訳では


ありません。まず予算。そして人気のあるところ程予約が取


りにくい。どうしても週末中心の旅行の場合は満室が多いで


す。仕方ないですね。半年も前から予定を入れればいいんで


すけど、なかなか先の予定は立てずらいし。そうなるとガイ


ドブックやじゃらんなどでまずは下調べをして、ネットで情


報収集。宿のHPは参考程度で、重視するのはクチコミですね。


クチコミの内容もよくチェック。投稿者が自分たちと同じ様


な価値観ならそのクチコミ内容は非常に参考になります。逆


にファミリー層のクチコミはあまり参考にしません。子供向


け料理やサービスの評価なんてあってもねぇ。


値段が相応でクチコミも良さそうなところをいくつか候補に


上げたところで、二人で首脳会議を開きます。お互い意見を


言い合い、最後は相棒の「おまえの決めたところでいい」と


いう意見が出たところで決定です。


何事も「慣れ」は重要で、それは旅にも言えます。最近はこ


うして決めたお宿では概ね納得のいくことが多いです。せっ


かく大枚はたいて行くのですから、気持ちよく帰ってきたい


もの。それでも中にはひどいところもありました。ことある


ごとに思い出しては腹が立ちます。選んで行った私が悪いん


だけどね。未熟だった自分に反省。次回はそんな未熟な私が


選んでしまった宿について書こうと思います。

 
 

2007-08-21(Tue)

ビジネスホテルでお泊り

お盆をすぎても相変わらず暑い日が続きますね。休暇明けの


仕事が身に辛いんですが、次の温泉旅行のために頑張るぞ!


と気合を入れてます。(次の予定何も決まってないけど)


お盆休みは日帰りドライブだったから、次は一泊したいなー


と漠然と思っていますが、どこに行こうか。やっぱり温泉は


はずせないし、美味しいものも食べたいし。たくさん楽しみ


たいけど予算の都合もあるしね。


私達のお泊り旅行の場合、


1、事前に予約をして、温泉旅館やペンション


2、出発前日の予約or当日飛び込みでビジネスホテル


3、お手軽で行き当たりばったりの車中泊


の中からの選択です。最近は相棒が年のためか、すぐに無理


がたたってしまう身体になったので3、車中泊はほとんどしな


くなりました。よって1か2になる訳ですが、最近は2のビジホ


をよく利用しています。予算が安上がり、直前予約や当日飛び


込みでも宿泊できるというのが最大の魅力。夕食は地元の郷土


料理を出すお店などを利用できれば◎。ネットでお安い所を探


せば大抵二人で7000円程度。飛び込みでも9000円以下でOK。


最近はネット接続サービスや朝食無料なんてのも増えたので、


利用者には嬉しいかぎりです。先日泊まったホテルでは駅から


離れたところに立地しているため、駅までの路面電車の乗車券


サービスがありました。私は路面電車初体験。用もないのに駅


まで往復したりして。あと大浴場のあるところも増えました。


時には天然温泉ってところも。アメニティが貧弱、ベッドが小


さい、壁が薄い、つかる気のしない浴槽等はわかっている事な


ので我慢もなります。一つ気をつけなければならないのが駐車


場。うちの温泉号はタワーPには入れられないので、自走式か平


置のある所を確認します。大体一泊600~1000円。中には無料と


いったところもあります。


でもね、本当は泊まってみたいお宿、いっぱいあるんですよ。


ビジホじゃなく。ビジホ便利で安いけど、やっぱり泊まるだけっ


て所です。予算さえ許せば、簡単に予約がとれれば、飛び込み


でも泊まれれば、と思うことしばしば。


明日は旅館についてつらつらと書こうかと思います。


2007-08-20(Mon)

夏油温泉

国道4号線をどんどん北上して行きます。相変わらず渋


滞もなく流れはスムーズ。平泉も難なくスルー。ここは


中尊寺があるので混雑覚悟だったんですが、以外でした。


去年の秋に立ち寄ったので今回は素通りしました。でも


金色堂はまた見てみたいなー。


水沢市を過ぎたあたりで4号を離れ、夏油方面へ。


ほとんど通行量のない道を走り続けていると、いきなり


道幅が狭くなり、いよいよ秘湯ムード。ぐんとペースを


落として慎重に進みます。しばらくすると元湯夏油と夏


油山荘に到着です。駐車場にはかなりの数の車が止まっ


ています。やっぱり人気があるなぁ。


受付で400円を支払って早速お風呂へ。男女入れ替えの時


間を挟んで5ヵ所の露天風呂を回ります。それぞれ皆個


性があり、お湯もとってもいいです。湯温もそれぞれ異な


っているため熱めが好きな人もぬるめが好きな人もお好み


でって感じ。

2007_08160065.jpg


写真は最奥にある大湯です。ここはかなり熱いお湯です。


浴槽も大きく開放感もたっぷりでした。


二人それぞれあっちこっちと回って楽しみました。少々


人が多いため、秘湯ムードは薄れますが、それでも充分


楽しめました。一昨年行った鶴の湯なんかもっと賑って


たしね。温泉、湯治というと「お年寄り」っていうイメ


ージはもはや過去のもの。ここも若いカップルやグルー


プがたくさんいましたよ。


宿泊棟では炭火を起こしたりして夕食の支度を始めてい


る人が見えます。残念ながら私たちはこれから帰宅です。


暗くなる前に細い山道を下りたかったので、そろそろ出


発しなければいけません。また今度ゆっくり来るね。


それから二人は車に乗り込み帰宅の途へ。途中渋滞もな


く、1日だけのドライブ旅行は終了しました。
2007-08-19(Sun)

八木山動物公園

昨日の続き。さほど混雑のない仙台市街を通り、見晴ら


しのよい高台にある八木山動物公園にやって来ました。


駐車場に止まっている車もまだそう多くはない様子。


入場料400円を払い、早速中へと入ります。まずは爬虫類


館でトカゲや蛇たちとご挨拶をした後、大好きなかばさ


んとご対面。が、なかなかその姿を見せてはくれません。


暑さのためか、水の中に引きこもり。ときおり顔を出し


てくれる程度。

2007_08160049.jpg




お隣のサイも日陰で横になっています。キリンさんは緑


の影に隠れているし・・・


さすがに真夏の日中は動物達も厳しい様子。責める訳に


はいきません。


そんな中、アフリカ象が一生懸命に自分の体に砂を吹き


かけていました。何してんの?と思っていると相棒がすか


さず「風呂のかわりだろう」だって。本当かなぁ。

2007_08160026.jpg




そんなしながらぐるぐると園内を回って見た二人です。


動物園を出た後、さあこれからどうしよう。お昼を食べ


て新潟に向かうか、もう少し遊ぶのか。相棒はどちらで


もいいと言っていますがここまで来たのだからもう少し


遊びますか! どこかいい所ないかなーとしばし思案。


迷った時はとりあえず温泉でしょう、ということで相棒


ご推薦の夏油温泉へと向かいます。名前だけは知ってい


るけど、いったいどんな所?と思いながらも、相棒はどん


どん車を北へと進ませるのでした。  続く。
2007-08-18(Sat)

秋保大滝

秋保大滝の様子をお伝えします。


高さ55m、幅6m。日本の滝百選の一つとされています。


滝壺まで降りていく遊歩道が整備されているため、滝の


近くから流れ落ちている様子を見上げることができ、中


々の迫力があります。


真夏で若干水量が少ないため、飛沫が少ないのが残念で


す。滝壺自体もかなり大きいために滝に近寄りきれない


のも飛沫を浴びられない原因の一つ。


それでも岩にしがみついたり、水遊びを楽しんだりと、


しばし童心に戻ってはしゃいでいました。

2007_08160009.jpg


写真右側の岩に私が写っているのがわかるでしょうか?


私の大きさと比べてもらえば大体の大きさがイメージで


きると思います。下でカメラを持った相棒は、私が岩の


上から転げ落ちないかハラハラしていたそうですが、せ


っかくの機会なので上れるところまで行ってみたのです


が、ちょうど死角になって、滝は見えません。残念!


しばらく遊んだ後、汗を流しに秋保温泉共同浴場へ。


地元の人でしょうか、結構賑っています。300円払って中


へ入ると無色透明なお湯のはられた小さめの浴槽が一つ。


5人も入ればいっぱいになりそうなくらい。地元のおばさ


んと挨拶をかわしながら入浴。少々熱めのお湯ですが、ち


ょっとのんびりとつかっていたみたい。お風呂を出て外に


出てみると相棒はジュース片手に待っていてくれました。


お次は動物園へ行く予定。車に乗り込み、八木山をめざし


ます。 続く。
2007-08-17(Fri)

お盆休み 5

昨日日帰りではありますがドライブにでかけました。早


朝出発、深夜帰宅のため旅日記もお休みしちゃいました。


今日はドライブの様子をほんの少し。


特に予定もたてないまま少しでも涼しいところに、とい


うことで以前より行ってみたいと思っていた秋保大滝を


めざします。早朝4時自宅を出発。山形方面へ向かう国


道は普段に比べ乗用車が目立つものの、流れはスムーズ


で、予定よりかなり早いペースで山形市を経由し、目的


地の秋保大滝に到着。滝を見学、水辺で涼んだ後、秋保


温泉で入浴。その後仙台市にある八木山動物園へ向かい


ました。ここは再訪です。暑さもあってか、ほとんどの


動物達が横になってだらけた格好。百獣の王ライオンな


ど、お腹を上にして息も絶え絶えといった感じです。


私の大好きなカバさんも陸にあがることなく、ずっと水


中に隠れてる始末。それでも何度も動物達のオリの前を


行き来し、ゆっくりと楽しみました。少々暑かったけど


、来園者もそう多くはなく、既にお盆休みの賑わいは感


じられません。


遅めの昼食をゆっくりと食べたのち、もう少し北上して


夏油温泉に行ってみるかと相棒が言うので国道4号線を


とことこ走ります。


夏油温泉に到着したのは午後4時半。夏油山荘の前には


かなりの数の車が止まっています。相変わらずの人気ぶ


り。それでも二人で観光地のような秘湯のお湯をたのし


みます。暗くなる前には下に降りたかったので、6時過


ぎには夏油温泉を出発。秋田県横手市から国道13号、


山形県鶴岡市から国道7号線を経由し、自宅に戻ったの


は日付の変わった、午前1時前でした。


ろくすっぽ計画も立てず、駆け足の旅ばかりで次回はき


ちんと計画して出かけようね、と二人で話しましたが、


いつも、それじゃとりあえず出かけるか、となってしま


う二人です。今回もまた。反省です。


2007-08-15(Wed)

携帯電話

最近携帯電話の調子が悪かったので修理にだしてきまし


た。購入して半年程なのですが満充電していても勝手に


電源が落ちるという不都合。それに購入当初より今まで


使っていた他の機種より動作が緩慢な気が、なんとなく


なんですがしていました。


行ってきました、ドコモショップ。市内の大型ショッピ


ングセンターの中にテナントとして入っていましたよ。


受付の女性に故障を告げ、通されたカウンターで詳細の


説明。ところがどうしたことか私の携帯は元気そのもの


で、何の不都合もでません。動作の遅さについても、機


種によって差異がありますから、とはっきりしません。


カウンター奥にある機械にかけてみてもわからない様子


でしたがとりあえず工場に送って見てもらう事に。と、


そのとき私の携帯の躯体についた傷について一言。これ


が原因だと有償修理になるそうです。実は以前落とした


ことがあって、小さいながらもしつかりと傷がついてい


たんですよ。ドコモプレミア会員になっているので5000


円までなら無料、超えた分については自己負担なんだっ


てさ。しばし悩む私。どうしますか?とせまる店員。


お金払ってまで直すのやだなー、機種変しちゃおうか、


新しいのに、それともいっそauにでも乗り換えるか?キャ


ンペーンで基本料半額とかって聞いたし。(詳細はよく解


らないんですけどね)


と、その私の思いを悟ったのか、隣にいた相棒が言ってく


れましたよ。


「だったら他の会社の携帯に乗り換えるからいいや」って。


そうしたら店員のお姉さんすかさず「多分この傷による不


具合ではないと思いますので、私の判断で無償修理で対応


いたしますが、それでいかがですか?」だって。


即座に修理をお願いしました。ただなら文句はありません


から。代わりの携帯を借りて帰ってきました。


それから5日後、修理完了。内部の基盤が不良で交換した


そうです。動作も若干ですが良くなった気が。


もちろん、修理代はなし。これでしばらくまた、この携帯


電話とお付き合いです。
2007-08-14(Tue)

お盆休み4

今日も暑いですねー。世間では早くも帰省ラッシュが始


まっている様子です。


そうするとやっぱり入ってくるのが交通事故のニュース。


私も通勤、買い物、休日のお出かけなどすべての行動に


欠かせないのがマイカーなので、この手のニュースは非


常に気になるところです。


昨日入ったニュースでは、愛知県の東名高速で渋滞のた


め止まっていた乗用車に大型バスが追突。乗用車に乗っ


ていた生後六ヶ月の赤ちゃんとそのお母さんが亡くなっ


たそうです。追突したバスはなんと驚くことにノーブレ


ーキだったそうです。乗用車なんてひとたまりもないで


すよね。事故映像もその追突の衝撃のすさまじさをあり


ありと写していました。最近の自動車はABSやエアバ


ッグなどが当たり前に装備され以前より安全面での向上


がなされていますが、この様な事故の場合、追突された


方は防ぎようもなくあまりに無防備です。


少し前にも新潟県でも同様な事故があったばかりです。


中越沖地震のため所々段差の生じた路面のため、やはり


渋滞の最後尾についていた乗用車に大型トラックが追突


し、炎上、乗用車を運転していた方が亡くなりました。


付近は50km規制のところ、事故を起こしたトラックは前


方を走る車を追い越すためにかなりのスピードを出して


いたということです。


規制緩和が進み、バス事業者や運送業者の競争が激化し


ているしわ寄せが、運転手の過労等につながっている事


も事故の一因かもしれませんが、それで命を落とす様な


事故を起こされたのでは堪ったものではありません。


事故の要因はそれだけではないかもしれませんが、職業


ドライバーの皆さんにはより一層安全運転に努めて頂き


たいと思います。もちろん、私を含めた一般ドライバー


も同様です。気を引き締めて運転することを心がけたい


と思いました。
2007-08-13(Mon)

お盆休み3

今日も暑いですね。泣く泣く出勤してきたナナです。


広~いフロアに私だけがポツンと座っている、鳴る事の


ない電話を目の前にして。


こんな時は溜まった書類整理に手をつけながら、ブログ


の更新をしたりして。私のデスクってパーテーションで


仕切られた奥にあるので普段から仕事の合間にちょこち


ょこっと用事を足せるんですよねー。


今日はそんないつもにもまして、なんでもできるぞ状態


になっているのに、逆に落ち着かなかったりして。


昨日は午前中にお墓参りに行ってきました。12日の午前


ということもあって、お墓掃除に来た人がちらほらいた


だけで、駐車場も比較的空いていた。13日だとお寺の駐


車場に止めるのなんてまずむり。いつも少し離れた所の


臨時駐車場に止めているもんね。お盆に限ったことじゃ


ないけれど、時期をずらせれば快適に事を済ませられる


のに、なんて思いましたよ。


GWとかお正月も時差で来たりしたら、出勤日や時間も


もばらばらになったら、混雑もなくなるのに。


あっ、でもそうなったらこっちが仕事で取引先が休みだ


と都合が悪い。逆もそう。結局相手様に合わせて会社に


出ることになってしまう。


うまくいきませんね、まとまって休んだりするのもそれ


なりに道理があるわけで、それで世の中回っていくんだ


な、と納得。


そんなわけでこれから一人でしこしことお仕事を進めま


す。邪魔が入らないからはかどりそう。ちょっとだけ気


合を入れてがんばりますか。それではまた。
2007-08-12(Sun)

お盆休み2

おはようございます。今日もいい天気でまた暑い日にな


りそうです。さて、昨日なんですが相棒とショッピングに


出かけた時ですが、会社の同僚からメールが来ました。


ちょっぴり不吉な予感がしたんですけど開いてみると案


の定13日についての事。やっぱり上のほうからの指示で


出勤しないといけない様子との連絡。


あ~やっぱりね。そんな気がしてたんだ。あたしゃ今日か


ら休暇に入っているから関係ないですよ~、と言いたいん


だけど皆さん13日にはいろいろと御用時のある様子。こん


なときは大抵私にお鉢が回ってくることになってるんです。


どうせこんなことになるなら事前にちゃんと言って貰えれ


ばいいんだけどまぁいつものことか、と諦める私。連絡を


くれた彼女もはなから私が出勤できるものと思っているわ


けで、自分が出ようなどとは考えてはいないのです。


いいんだけどね、別に。私だって13日はお墓参りに行く予


定があるんだけどさ。いいですよ、私が出ますよ、と。


一緒にいた相棒に話すと、ちょっとご機嫌斜めながらも、


しょーがねーなー、だって。お前はいつも損な役回りなん


だから、と言われてもまったくもってその通りです。


13日仕事終わってから墓参りはちょっとしんどいから1日前


倒しで今日行こうかな?ご先祖様も怒らないよね。


そんな訳でちょっぴりへこんだ私でした。
2007-08-11(Sat)

お盆休み

今日から一週間お盆休みに入りました。でも休みの間の


計画が何もありません。毎年のことながら直前になるま


で休みの日程が決まらないっていうのが一番の理由なん


ですけどね。去年なんかは休みに入る直前に13日の出勤


が決まったりしたし。そんなわけでせっかくのまとまっ


た休みなのに私の予定表は空白のままです。


とりあえず身の回りの用事を片付けたり、里のお墓参り


をした後にどこかに出かけようかな、と漠然と思ってお


ります。昨日あたりのニュースを見るとすでに帰省ラッ


シュが始まっている様子。いくら近年帰省やUターンの


混雑が以前程ではなくなったとはいえ、それでもやっぱ


り混むものは混むわけで、その辺も考えないとだし。


去年はどう過ごしていたのかとアルバムを覗いてみると、


お盆休みの間だけぽっかりとあいていました。8月の前半


と20日以降しか出かけていません。いくら去年は13日に


出勤したとはいえ、それなりに数日は休みがあったはずで


す。観光客や帰省の人々の混雑に巻き込まれるのが嫌でじ


っとしていたのかも。そうすると今年もどうなるのやら。


とりあえず今日は休みの初日。有意義な休みを送るために


もしっかりとしなきゃ、と思う私です。
2007-08-10(Fri)

五色の湯旅館  露天風呂

昨日の続きです。女性専用露天を覗いて見ると、周囲が


目隠しで覆われていて眺望はのぞめません。湯色は内湯


の緑白色にさらに白を足した感じ。温度はちょうどいい


です。やはり覆いのせいか圧迫感があるため、露天本来


の爽快さが楽しめないのでそそくさと大きい露天へ移動


しました。こちらは松川沿いに作られ、眼前には自然が


いっぱいに広がるので女性用とは雲泥の差です。やっぱ


りこうでなくっちゃ。

2007_07010003.jpg


湯色は白濁していて、湯花もたっぷり。川音を聞きなが


らのんびりとつかっていました。後で聞いたのですが内


湯も露天も同じ源泉を使用しているとの事。日によって


色が変わるだけでなく引いている場所によってもこんな


に違うものなんだなーと思います。川の対岸には小さい


ながら滝も見え、五感全てで楽しめる文句のつけ様のな


い素晴らしいお風呂でした。


お風呂上りに休んでいると、ご主人が声をかけてくださ


り、しばし温泉談義。温泉は生き物で日々その様子が違


うこと、源泉の良さへのこだわりやその素晴らしいお湯


を充分に生かすために浴槽の大型化や循環、加水などを


行わないというこだわりを聞かせていただきました。全


くそのとおりだと思いつつ再訪を強く誓いました。この


様なお宿がまだまだたくさんあることへの感謝を温泉好


きの一人として忘れてはいけないと思いました。
2007-08-09(Thu)

五色温泉の一件宿  五色の湯旅館

高山村の続きです。今日ご紹介するのはナナが大変気に


 入った五色の湯旅館さん。


 まずは内風呂を見てください。


2007_07010007.jpg



含ラジウム硫化水素泉ということですがご覧のように緑


白色のお湯です。名前の通り日によって色が変化する


ということです。正真正銘源泉そのままそそがれた湯船


の中にはたくさんの湯花が泳いでいました。先客もなく


貸切状態でしたが湯船にためられたお湯が少々熱く、


やむなく水で薄めちゃいました。ちょつぴりもったいない


という気になりました。板張りのお風呂は心を和ませる様


な風情で癒してくれます。湯口にコップが置いてあるのも


いいですね。私的には非常に飲みやすい部類のお湯でし


た。


館外に出ると松川のすぐ脇に露天風呂があります。川に


面した大きい混浴露天とまわりをかこまれた小さな女性


専用露天があります。こちらの様子はまた明日。






2007-08-08(Wed)

仙人だけが知りえた温泉

山田温泉 風景館です。


風景館の案内によると、仙人だけが知り得た秘湯中の


秘湯の為、別名「仙人風呂」とも言われる、そうです。


松川渓谷沿いに作られた専用遊歩道の階段を150段下っ


ていくと、一枚岩をくりぬいた露天風呂に辿り着きます。

2007_07010011.jpg


渓谷を見下ろしながら湯船に腰を沈めると眼前に深緑の


木々が広がり、まさしく仙人気分でしょうか。


若干ぬるめながら湯花たっぷりで、なめてみると結構塩


っ辛いお湯でした。混浴、脱衣所も一つのため、混雑時


の女性の入浴は少々厳しいかもしれません。そんな時は


内湯ながら渓谷に面して一面ガラス張りでなかなかの開


放感のある大浴場でお湯を満喫しましょう。檜の湯船が


やさしく身体をつつんでくれます。


明日も高山村のご紹介です。
2007-08-07(Tue)

信州高山温泉郷

暑い夏の日が続きますが皆さんバテテいませんか。


長野県北東部は高山村の松川渓谷に涼を求めて行って


きました。渓谷沿いに点在する個性豊かな八つの温泉


からなる高山温泉郷の中から、いくつかを紹介したい


と思います。


温泉郷の中心とも言える山田温泉へは須坂市


より車で30分程度の道のり。古い歴史を感じさせる温泉


街の真ん中には村営の共同浴場大湯と無料で利用


できる足湯が設けられています。まずは足湯で一休み。


2007_07010001g.jpg


少々ぬるめながら心地の良い足湯で疲れをとりました。


次は渓流を見下ろす露天風呂です。   続く。

2007-08-06(Mon)

鳴子温泉郷

中山平温泉のご紹介。


ここには「うなぎ湯」でよく知られた


琢がおすすめです。


ここのお湯はまるで化粧水のようにとろりとした肌触りで、


特に女性には大変人気があります。よくTVでもとりあげられ


ています。混浴露天をはじめ、バラエティーに富んだお風呂


が楽しめます。


温泉を堪能した後はすぐそばにある熱帯植物園に足を運んで


はいかがでしょうか。数多くの植物がありますが、なんとい


っても圧巻なのが林立する様々な種類のサボテンたち。


y.jpg


一見の価値あり、ですよ。


その他にも、周辺には紅葉の素晴らしい鳴子峡などの観光スポット


がもりだくさんです。
2007-08-05(Sun)

鳴子温泉郷

本日は鬼首温泉をご紹介。


鳴子温泉より山間に進んだ鳴子ダムの北側に位置する


間欠泉と地獄谷で有名です。私的にお勧めは卵を持参


しての地獄谷散策。遊歩道を歩いていくと、随所から


噴煙が吹いています。かなり高温なので注意しながら


進むと途中に湯だまりになった所があります。


ここで卵をネットに入れて温泉卵を作りましょう。


このため、時間に余裕を持って行く事が肝心。


地獄谷散策で汗をかいた後は温泉入浴ですね。


いくつかの温泉が点在していますが、今の時期に


おススメは峯雲閣の露天風呂。かなりメジャーなので


ご存知の方も多いと思うが、滝壺がそのまま露天風呂


になっているというダイナミックなところ。


滝壺露天は混浴で、人気故に混雑しているのはいたし


かたないか。日によって水温が変化するので適温で入浴


できるとはかぎらないが、是非足を運びたい。
2007-08-03(Fri)

鳴子温泉郷

鳴子温泉郷には様々な特徴を持ったお湯があります。


鳴子温泉以外で特にオススメ処をご紹介。


まず、強烈な個性を持ち、湯治客に人気を誇る東鳴子の


高友旅館。


黒湯でおなじみの旅館です。


黒というより、濃緑色でかなりの油臭がします。成分の


濃さと相まってかなりききそうな気がします。混浴浴槽や


ひょうたん風呂、泡泡のラムネ風呂などがあります。建物


は古さを感じさせ、内部に入ってみると由緒正しい湯治宿


の風情。私は駆け足の入浴でしたが、じっくりと湯治で訪れ


たいところです。


2007-08-02(Thu)

昨日の続き  鳴子温泉

今日は鳴子温泉郷の中心、鳴子温泉をご紹介。


1000年以上の歴史を持つ温泉地で湯治宿から大型施設


まで多様な姿が見られます。


「下駄も鳴子」のキャッチフレーズどおり、温泉街には


下駄ばきで歩く観光客が多く、温泉情緒たっぷり。


そんな中で以前宿泊した旅館すがわらは特に


泉質が素晴らしかったのが印象的でした。


少ない部屋数に対し浴槽が多く、無料で貸しきれるのも


嬉しかった。泉質は重曹泉でお肌つるつる。


相棒のブーちゃんが温泉に目覚めたのはここのお風呂に


出会ってからでした。設備等は古さを感じさせるものの


料理内容や宿泊料金も納得のいくものです。


自家源泉を加温、加水なしで使っているため、肌触りの


いいお湯の良さがダイレクトに伝わり、温泉好きにはたま


らない魅力です。美肌になりたい人必入湯です。


daiyoku-1.jpg


興味を持った人、是非どうぞ。



2007-08-01(Wed)

鳴子温泉

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷を紹介します。


鳴子温泉を中心として、東鳴子 川渡 中山平 鬼首という


各温泉とともに鳴子温泉郷を形成しています。


温泉通ならご存知と思いますが、国内にある温泉の泉質11の


うち9種類がこの温泉郷にあります。自家源泉を持つ宿も多く


同じ泉質でも宿により趣が異なり、何度訪れてもいつも新鮮


な感動とめぐり合えます。共同浴場もいくつかあり、旅館も


立ち寄り湯を受け入れる所も多いので、気軽に利用できます。


周辺の観光地としては、紅葉の素晴らしい鳴子峡や芭蕉の


句で有名な尿前の関がよく知られるところです。


                         明日に続く。










こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。