--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-11(Tue)

雪見の露天風呂 新野地温泉 相模屋旅館

12月に入って何かと慌しい毎日ですが、たまには何もかも忘れて温かい温泉で身も心もリフレッシュしたいものです。
私のブログのコメントにも、「雪見の露天風呂に入りたい」といった書き込みが時折あります。
そんなわけで、今日は福島県の素敵な雪見の露天風呂をご紹介します。

福島県の猪苗代町と福島市の間の土湯峠には、現在長くて立派な土湯トンネルが通っていて、冬場でも快適に走行できます。
この土湯トンネル付近から旧道沿いを行くと、いくつかの温泉がありますが、その中の新野地温泉「相模屋旅館」 をご紹介。

標高1200mの所に湧く温泉は単純硫黄泉。
今年の2月に訪れました。
雪見を楽しみにしていた我々2人、歓迎してくれているのでしょうか、土湯峠から新野地温泉までの道のりは地吹雪で、一寸先も見えない中、どうにかこうにか一軒宿の「相模屋旅館」に到着しました。

玄関前では従業員の皆さんが雪かきに汗を流していました。
館内に入り、入浴料500円を支払ってお風呂へと向かいます。
内湯を通り過ぎると扉があり、開けて外に出ると露天風呂があるのですが、通路は雪で覆われています。
笠をかぶった年配の男性が「もう少しで通路の雪かきが終わるから、それまで内湯で温まっていれば良い」と声をかけてくれます。

それで先ず最初に内湯に入湯。

2007_0204画像0062


お湯は白濁し、硫黄泉ならではの硫黄の香りも良い感じ。

そして内湯といいながらも、昔の湯治場そのもののイメージのような簡素な作りの「湯小屋」といった趣がなんともいえません。
男女の仕切りはトタン板一枚。隣の物音もよく聞こえます。
外と仕切られている木壁は黒く変色していて、隙間があちこちにあるため、粉雪がそこから吹き込んできます。

お湯はかなり熱め。
しばらくお湯をたのしんでいると、隣で相棒の「そろそろ外に出てみる」という声。
私もそそくさと服を着て、相棒の後ろを続きます。

通路の除雪はすんだものの、周りはすっぽりと雪に覆われています。
途中二股に分かれていて。右が女、左が男風呂になっていました。
私は相棒の写真を撮らなくてはいけないので、そのまま彼の後ろを進みます。

露天、というよりも、これは野天風呂といったほうがいいですね。
真っ白な雪の中に白濁したお湯の張られた浴槽がありました。
脱衣所は簡素な作り。
雪の舞う中、素っ裸になった相棒、寒い寒いといいながら浴槽に身を沈めます。

かなり低い気温の中、お湯は内湯に負けずに熱いようです。
浴槽の底に腰を下ろすと、目の前は一面雪の壁。
私達の他に誰もいない野天風呂に相棒はご満悦。
「お前も入れば?」の声に、私もかなり迷いましたが女性用の野天に行き服を脱ぎ始めます。
が、あまりの寒さに服を脱ぐことができません。
目の前には熱いお湯を満たした浴槽があるにもかかわらずです。

私は野天を諦め、そそくさと内湯に舞い戻りました。
僅かな時間なのに、手足や顔が凍ったようになっています。
再び内湯に浸かって身体を温めましたよ。

しかしこんな状況で何のためらいもなくすっぽんぽんになれる相棒って、やっぱり本物のバカ、いえいえ温泉好きなんでしょうねー。

2007_0204画像0056 2007_0204画像0071

ちなみにこの後、相棒は脱衣場で服を着る事ができず、素っ裸の体の上にジャンパーだけはおってダッシュで内湯まで戻ったそうです。
お湯に浸したタオルも瞬く間にシャキッとなってしまったとか。
雪見野天、聞くと風流で良さそうですが、入る前後の苦労は大きかったようです。
それでも相棒は野天を断念した私に、「お前はバカだ!」って。
私はもう少し暖かいシーズンにチャレンジしますよ。

さて皆さんいかがですか、厳冬の雪の中の野天風呂。
写真では今一当時の寒さが分かりづらいかもしれません。
もう少しすると本格的に降雪があって雪見を楽しめることでしょう。
1度チャレンジしてみませんか。
相棒からのアドバイスは「脱衣所で着替えようと思うな」です。
あらかじめ大き目の上着を持参し、内湯で裸になったら上着だけをはおって後は一目散に野天に駆け込む、というのが正解のようです。



★ご訪問ありがとうございます。ポチッとで励みになります。
a_02.gif banner2.gif ライフスタイル ブログランキング

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」

温泉情報など、JTBスタッフの経験談が満載!お得プランも!
JTBスタッフに聞く!お得な旅行のノウハウ!
【JTB】露天風呂付客室
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
ダイビング付き石垣島ツアー


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

聞いてください!
nanaさんの雪見風呂の写真を
パパさんと二人で見てたら
パパさんが「うわ~!いいなぁ~!
こんな所で雪を見ながら温泉入りたいわ」
と言ってた癖に、内容を読んで
相棒さんの行動を知り
「やっぱり、いいわ」で終わりました。
私も内風呂までで限界かも?

No title

nijikazeさん、こんばんは。
この日がたまたま吹雪いていて、とても寒かったのでかなりきつかったんですが、風が弱ければ何とかなりそうです。
あと雪の中の露天風呂でも内湯から裸のまますぐに行ける様なところもありますので、是非ご家族皆さんで楽しんでください。
ただ、北国の冬の寒さはやっぱりきついですよ。

雪中風呂

これでは雪見の露天風呂ではなく、
雪中風呂ですな。

しかし野趣溢れるというか
あっしは、いってみたいですなぁ。

ブー殿の笑顔をみれば
大自然に包まれ、不便で不憫なものこそ、
いとおしくなる楽しさが伝わってきますぞ。
ぽちっとよっと。

No title

こんにちは~(^ム^)。

春夏秋冬、温泉に行っているようですが、
本当に温泉がお好きなんですね。

しかし、我が地元の温泉は凄く寒そうだなぁ~~~。写真でも”寒さが伝わってきましたよ。

(^ム^)の凹凸です

No title

寒そうですね~。
でも、お湯につかると天国かも。
露天風呂って気持ちいいですよね♪

No title

江戸旦那さんへ。

野趣溢れていますよ~。
1度お湯の中に身を沈めてしまえば寒さも関係ないですしね。
しかも貸切状態。
相棒も絶賛でした。簡素な作りの脱衣場なども悪天候でなけれはぜんぜん問題にならないですしね。
今冬、いかがですか。


ラーマさんへ。

この日は郡山を朝に発ちました。4号を走っているときは青空さえ見えていました。
しかし岳温泉付近から横殴りの吹雪で視界が悪く、路面も圧雪。
そんな状況の中、やっと辿り着きました。
やはり1000mを超える標高のところで風があるとかなりの寒さでした。
でも温泉がすべてを忘れさせてくれましたよ。

No title

は〜こさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
仰るとおりお湯に浸かると天国、しかし外で衣服を脱ぎ着するのが・・・。
しかしながらここのお湯はお勧めですよ。
機会がありましたら是非お出かけください。

こんにちは

訪問&コメありがとうございます。

雪見の野天風呂、うらやましいです。
でも寒そうですね。確かに。
私は囲いのある露天風呂で冬に入ったことは
ありますが、さすがにここまでのは…

あ~温泉入りたいなぁ(^.^)/~~~

No title

mukuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
露天風呂、その良さを存分に味わうには開放感たっぷりのところがいいですね。
日本中にそうゆうところはたくさんありますので、ぜひ探して入湯してみてください。
私もいいところがあれば、またご紹介しますのでたまに覗きに来て下さいね。
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。