--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-21(Fri)

貴重な源泉 奥塩原の墨の湯 大出館

温泉には様々な特徴を持ったものがありますね。
今日は色の対比がはっきりした、なんとも不思議な温泉をご紹介いたします。

栃木県の塩原温泉郷から山の方へ進んだところにある塩原元湯温泉・大出館です。
塩原元湯には3軒の温泉旅館がありますが、「墨の湯」があるのはここ大出館だけです。

さて、墨の湯とは一体なんでしょうか。
大出館には8つの浴槽がありますが、そのうちの1つが「墨の湯」です。
読んで字のごとく、水に大量の墨汁を混ぜたような色。
「鹿の湯」と呼ばれる白濁した浴槽がすぐ隣にあるため、色の対比がはっきりしていてとても印象的です。

2007_0204画像0004 2007_0204画像0005
いかがですか。真っ黒なのがおわかりでしょうか。
黒い色の原因は湯の鉄分によるものだそうです。
鉄分主因の黒湯は全国でもここだけだとか。
泉質をイオン名で表示すると、「墨の湯」「鹿の湯」どちらも含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉ということになりますが、成分表を見ると、「墨の湯」の第一鉄イオン(Fe2+)が4.4mgに対し、「鹿の湯」は0です。
その他の成分も若干の違いがあるようですが、それにしてもこれだけ色が違うというのも面白いですね。

2007_0204画像0014


「墨の湯」に浸かってご満悦です。


2007_0204画像0011


手でお湯をすくうとご覧の通り。
たっぷりと湯に含まれる湯華も黒色です。見づらいので拡大して見てください。

「墨の湯」は混浴です。
女性専用時間は20:00~21:00です。
私達が入ったときは誰もいなく、貸切で楽しめました。
しかししばらくすると若い男性が入口の扉を開けてこちらを覗いています。
どうやらそちらもカップル。
先客の様子を見に来たのでしょうか。
でも脱衣場の脱いだ服でわかるのにね、なんだか失礼。
入るなら裸になって入ってきなさいよ。

結局彼らは入ってきませんでした。
私達も充分墨の湯を楽しんで、脱衣場で衣服を着替えると、それと同時におじさんが一人で入ってきましたよ。

脱衣場を出ると、やはりそこにはさきほどのカップルの姿が。
あ~あ、先を越されたのね。こうゆうところは躊躇して機会を逃すと入れませんよ。
おじさんが入っていった後から、続いて他のお客さんもたくさん来ましたよ。
結局カップルはそれぞれ分かれて男女別の浴槽へと入って行きました。

私達もそれぞれ男女別の浴槽に入り、楽しみましたよ。
こちらは内湯から直接、隣接した露天風呂に行くことができます。
露天風呂のあるところは高台になっていて、隣の元泉館を見晴らせます。
この日入湯したのは大出館だけでしたが、以前この元泉館も入湯したことがあります。
こちらも効能の高い、肌にまつわるような濃厚な素晴らしいお湯でした。

話がそれましたね。
露天風呂の様子です。


2007_0204画像0028


こちらも白濁したお湯。
火照った身体に冷たい風が心地良いです。
私達の後から来たお客さんたちは殆ど「墨の湯」に入ったようで、露天は私一人。
内湯に先ほどのカップルの女性がいるだけです。
垣一枚隔てた隣の露天に入っている相棒とおしゃべりしながら、こちらも充分に楽しみました。
塀の下のほうに隙間が開いています。ここから手を通してお互い手を握り合ったりできますよ。私達はしませんがね。

いやいや、大出館のお湯、素晴らしいものです。
色の珍しさも良いのですが、効能も凄いらしいです。
ここはやはり宿泊して、じっくりと数日滞在したい宿です。

塩原温泉、最近まで日本一の長さだった「もみじ谷大吊り橋」などの見所もたくさん。
関東からのアクセスも良いですし、温泉郷内には様々な源泉があるため、お好みのお湯を探してみるのも楽しいですね。

さて、いかがでしたか、黒い温泉。
塩原温泉街と比べ、元湯まで来ると静寂に包まれ、鄙びた感じも充分楽しめます。
かといってアクセスも結構いいです。
これからの季節は雪の対策は必須になりますが。
宿までは全線舗装されていますし、道幅もまあまあ。
私の運転でも楽勝でした。結構秘湯まで辿り着こうとすると、大変なところがあるんですよね。
「墨の湯」が混浴のため、女性は少し辛いかもしれませんが、浴槽に身を沈めてしまえば大丈夫。
秘湯のムードを手軽に楽しみたい、混浴ってなかなか入る機会が無い、という人にはお勧めですよ。

大出館の源泉についての詳しい記述は同館HPをご覧ください。
画像も私のものよりずっと綺麗です。


ご訪問ありがとうございます。こちらもお願いいたします。
a_02.gif banner2.gif ライフスタイル ブログランキング

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」

ゆこゆこ厳選!≪お客様満足度80点以上≫の人気宿をピックアップ
JTBの旅行はこちら
旅工房 クルーズ旅行専門サイト【クルーズスタジオ】
格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>ここから手を通してお互い手を握り合ったりできますよ。私達はしませんがね。

ってなんでですか(笑)!
握りあったりしちゃってくださいよー。
いろんなところに一緒に出かけられていて、いつも
仲良しでいいなぁと思っています。
でもnanaさんはわりと相棒さんにクールなことを
書かれていることが多くて・・・。
そのギャップもたまらないんですけれど(笑)。

黒い温泉ってすごいですねー。
一口に「温泉」と言っても、ほんとうにいろんなところが
あるんだなーと思います。
またこれからもたくさん教えてくださいね(^O^)

No title

しろちささん、こんばんは。
温泉って不思議なものですねー。
ほんの少しの成分の違いで全然違った色になったり。
ここは以前から湯の色、効能が気になっていたんですが、実際に自分で見てみるとやっぱりインパクトがありましたよ。
おそるおそる飲んでみましたが、これが意外と飲みやすく、またまたびっくり。
全国にはまだまだ私の知らないところがたくさんあります。
少しでも多く楽しんでみたいですよ~。

No title

私は元泉館に宿泊したことがあります。
山の中の秘湯っていう感じですね。
大出館の墨の湯は、後から知ったので入らずじまい。
でも、とっても良さそう。
塩原元湯には、また行きたいと思っているので
次回は大出館のほうにしてみよう^^

No title

墨の湯見た目がスゴイですね
使った後はお肌さらっとしましたか?
ナンか墨汁を想像してしまったんで^^;

話変わりますが携帯上の子だけ
持たせてます
でも、絶対ネットにつなぐときは
母の許可取ってからとかに
してるんで月3000円いかないです
メールがほとんどだからかも

No title

すのぅさんへ。

元泉館も素晴らしいお湯ですね。
特に相棒は泉質がピッタリらしくて絶賛でした。
もう一軒のゑびすやも由緒正しい歴史的な源泉があって見逃せません。
塩原温泉、本当に様々な源泉があって、何度訪れてもいいですよね。
私は大好きです。


nijikazeさんへ。

ここのお湯は色こそビックリですが、肌の感触はさっぱりとしています。
そして恐る恐る口に含みましたが、こちらも抵抗のないお味。
しかしながら効能は高いそうです。
しかも墨・白濁で違うのだから不思議です。
nijikazeさんの所からだとちょっと遠いでしょうか。でも、機会がありましたら是非。お勧めです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。