--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-06(Wed)

今頃は冬眠中でしょうか クマのこと

今日はクマのお話。
本州でクマといえばツキノワグマです。
もともとは本州、四国、九州に広く分布していたようですが、狩猟・有害獣駆除、森林伐採、道路建設などにより年々個体数が減少、一部地域では絶滅、あるいは絶滅の危機に瀕しているということです。

普通個体数が減少した種は保護されるのが普通ではないでしょうか。
しかしツキノワグマは毎年数の多少こそあるものの駆除されています。
新潟県内でも毎年そのニュースが流れますね。

駆除の原因は皆さんもご存知でしょうが、クマが人間の生活するところまで山を下りてくるためというのが多いです。
畑の農作物を荒らしたり、人的被害の恐れもあるためなんでしょう。

もともとツキノワグマは臆病で他の動物を襲うことは殆ど無いようです。
雑食性ですがミズナラ、コナラ、クリ等の堅果やアケビ、ヤマブドウ等の実などの植物質を好んで食べ、時にノウサギやシカ等の死体などを食べるとか。
このことから考えても里にさえ下りてこなければ駆除の必要は無いような気がします。

しかし環境の変化に伴って餌不足になり、結果毎年畑や民家を荒らすクマが後を絶ちません。そして駆除が繰り返されています。
私などは動物園やクマ牧場などで愛嬌を振りまいて餌をねだるクマしか見ないわけですから、駆除のニュースを耳にすると心が痛みます。
死体を引きづられていくシーンなど目を覆いたくなるほど。

しかし出没する集落にとってははた迷惑なことで、特に丹精込めて育てた作物を荒らされる農家にとっては仇みたいなもの。
地域の子供たちも通学時の事故が心配で集団での登下校や休校なんて措置もとられます。
私などは何も殺さなくても捕獲して、再び山に戻せば、なんて考えますが、1度里に下りることを覚えたクマはまた戻ってくることが多いようで、そのため射殺ということが多いようです。

雌グマは2年に1回、それもたった2頭しか子供を産まないということで、なかなか個体数も増えないようです。
しかし前述したように駆除は続けられる。
これでは絶滅の危機がいつ訪れても不思議ではありません。

ツキノワグマが生き残るためには天然林が必要です。
しかし森林の減少で生息域がだんだんせばめられていますよね。
一部でツキノワグマを保護しようという動きはあるものの、農林業への被害・民家などに出没に伴っての駆除。 
結論から言えば”棲み分け”ができれば問題ないわけです。
しかし実際にはそうできていないというジレンマ。
駆除することを手放しで認めたくはありませんが、かといって人間の生活が脅かされているという以上、仕方が無いのかな、と思う自分がいます。

クマ以外にもイノシシ、猿などの被害が各地で出ています。
イノシシなども多数駆除されています。
昨年、新潟県では住民に襲い掛かって怪我をさせた猿も駆除されました。
一方、駆除に反対する声もあります。

私も異状にまで増えすぎた場合を除いて、駆除はいたたまれません。
しかし現実問題として、困っている人達が多くいるという事実。
森林を元に戻すといってもなかなか容易なことではないし。
良い解決策はないものでしょうか。


ご訪問ありがとうございます。ポチッとで励みになります。
a_02.gif banner2.gif ライフスタイル ブログランキング

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」温泉の宿泊料金はあなたが決めて下さい。

温泉情報など、JTBスタッフの経験談が満載!お得プランも!
JTBスタッフに聞く!お得な旅行のノウハウ!
【JTB】露天風呂付客室
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
ダイビング付き石垣島ツアー
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いのししでます

わが家の周りでも、イノシシが出ます。
小さい山なので、熊はいないのですが、
イノシシ、さるなどの小動物は生息
していて、近隣の畑や庭木が被害を受けて
いるようです。

身近に感じると、確かに駆除の必要性を
感じます。子供もいるので、出くわしてしまったら、
危ないですから。

No title

mukuさん、こんにちは。
イノシシ、最近多いですね。よく話しを聞きます。
やっぱり山が荒れているのが原因でしょうか。
新潟県でも以前は殆どいなかったのが、最近は越境して生息しているようです。
これまた”ウリ坊”なんかは愛らしくてとても駆除なんて思いもしないのですが、やはり成獣になると凶暴さもあるし、致し方ないのでしょうか。

No title

人間の都合で環境や自然を破壊し、なおも人間の都合で駆除する。熊が一度里山におり、残飯や農作物の味を覚えたら危険をおかしても、また来てしまうのと同じで、人間も一度味わった利便性は忘れる事は出来ません。一度破壊された環境はその何倍の時間をかけて戻るのでしょうか・・・・

No title

人間の都合でエサをなくし
人間の都合で駆除され
動物にとったら
ホントたまったもんでは無いですよね
共存共栄は理想に過ぎないのでしょうかね?

No title

ろくさんへ。

何倍もの時間をかけても戻せるのかどうか・・。
戻すための努力とこれ以上の破壊を止めるのとどちらも同時に必要なんです。
野生動物に対する教育、なんていうものは人間がもっと知恵を絞った後のことだと思うのですが、どうでしょうか。


nijikazeさんへ。

理想といえばそうなりますが、実際そういう環境を戻そうとほんの一部ですが取組みははじまっているんですよ。
ただ、ホントにホントにほんの一部なんです。
この動きを少しでも進めて欲しい。かといって私は何もできていないんですけどね。
何もできないならば、せめて一生懸命に取り組んでいる人達のことを忘れずに過ごしていたい、なんて思うわけですよ。
ほんの一部の取り組みが、もっともっとと広がっていくといいですよね。

こんばんは。

小さいときですが、実家では冬になると
庭に穴を掘り藁を敷いて、大根などの野菜とかを埋めて保存します。
あと、うちで出た貝殻や生ごみなども埋めておきます。

夜、熊が穴を掘って時々それを食べてました。

冬眠しているはずなのに、起きてしまうのもいるんですね。

結構怖かったです。

No title

優男さん、こんばんは。
それは凄いですね!
鼻が利くのでしょうか、それとも穴の中に入れているところでも覗いたのでしょうか。
こっそりと穴を掘り返している姿、ちょっとユーモラスな感じを受けましたが、実際目の当たりにしたらそれどころではないですね。
それに大事な食料まで・・・。
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。