--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-08(Tue)

日本海に浮かぶ魅力いっぱいの粟島のこと


いつも懇意にさせていただいている”しろちささん”のブログに「どの島でしょうか?」という記事がありましたよ。
なんでもGWに彼氏と2人でこの日本にあるどこかの島へ旅行に行くのでその行く先を当てて~、というもの。
未だGWの計画どころか休みの日程さえわからない私にしてみれば「ふん、勝手にしておくれ~!」って言う感じなんですが丁度ブログネタ、何にしようかなーって思っていたので離島のことでも書こうかなって思いましたよ。
そんなわけで今日は新潟県の離島のお話です。

皆様、新潟県の離島といえばどこでしょう?
大勢の方は「佐渡」と答えるのではないでしょうか。
しかし新潟県にはもう1つ離島があります。
その名は「粟島」です。

粟島って知っていますか~?
男229人・女209人 合計438人(平成17年度国勢調査)の日本海に浮かぶ小さな島です。
この島へのアクセスは海路のみになります。
岩船港からフェリーと高速船が運航されていますよ。

この島の魅力はなんといっても海の幸でしょうかね。
食べるのはもちろんのこと、腕に覚えのある方には魅力的なフィッシングポイントがたくさんあるようです。
対象となるお魚は多いですが特に真鯛や石鯛などが人気があるようです。
そうそう、この島の漁師さんが丁寧に延縄で一匹づつ釣上げた「のどぐろ」は身の傷みがないことから非常に高値で取引されている、って聞いたことがあります。
私ものどぐろは大好きなのでこれは一度粟島産をいただいてみたいですね。

食べ物といって忘れてはならないのが「わっぱ煮」ですね。
これは「わっぱ」と呼ばれる杉を曲げて作ったお椀に魚・野菜・お湯を入れ、その中に真っ赤に焼いた石を落して煮立ったところで味噌を溶いて食べる、という豪快な料理なんですね。
入れるお魚はその時に獲れる旬の美味しいもの、たまりませんよね。


さて、粟島にこの春2人の新入生の話題がありました。
粟島小中学校で2人の新入生

粟島浦小中学校に小中それぞれ1名の新入生が誕生したそうです。
粟島浦村全体でも500人に満たない人口、当然ながら小中学生の人数も少ないです。
2人の新入生を迎えて同校の児童生徒数は小学生11人、中学生9人となったということです。

新入生とはいえこの人数だとみんな顔見知りなんでしょうね。
子供たち皆が幼馴染みたいなものでしょうか。
とにかく新入学したお2人には楽しい学校生活を送って欲しいですね。


昨年は島内で初めて”信号機”が設置された、なんてニュースもありました。
そして観光客の多くなる夏のシーズンには本土からおまわりさんが増員された、なんてローカルニュースで流されます。
普段はとてものどかな島なんでしょうね。

島内には多くの民宿と旅館があります。
料金もとても良心的で、わっぱ煮などの郷土料理ももちろん食べられます。
小さな島ですが多くの楽しみが詰まっているかもしれません。
粟島の情報は→http://www3.ocn.ne.jp/~awasima/frameAC.html


話は最初に戻りますが、しろちささんはいったいどこの島へと旅立つのでしょうか?
ズバリ正解するとなにやらご褒美があるようです。
でもやっぱり対象となる島って数が多すぎて正直わかりませんよ。
南の島なのかな~、なんていろいろ考えながら答えの出る日を待ちたいと思います。


ご訪問ありがとうございます。ポチッとで励みになります。
クリックありがとう! 感謝しています 女性向けランキングです

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」温泉の宿泊料金はあなたが決めて下さい。

温泉情報など、JTBスタッフの経験談が満載!お得プランも!
JTBスタッフに聞く!お得な旅行のノウハウ!
【JTB】露天風呂付客室
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
ダイビング付き石垣島ツアー
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

島って言っても、四国だって九州だって、そしてもちろん
本州だって島なんですけどねw
小さいのも全部含めれば日本の島の数は7000弱…
わかるわけないですってww

行ってみたい、食べてみたい!

うわー!って感じで行って見たいですね。
のどかですね、民宿と旅館が多いと言うことは、観光で栄えているんでしょうか?
信号機があると言うことは、結構車があって交通事故もあるのでしょうか?
海の幸も沢山ありそうですね。

くろくまさんへ。

7000もあるんですか?
多いとは思っていましたがそこまでとは。
確かに近県では舳倉島や飛島なんていう馴染みの無い島もあるので全国ともなれば相当でしょうね。
特に私からすれば瀬戸内の島々となれば名前すら知らないところばかり。
日本は小さいようでなかなか広いですね。

amazonheadさんへ。

特に夏場は観光で賑うようです。
魚好きには堪えられないでしょうね。
新潟市などにも粟島料理を看板にしている料理屋さんがあるくらいですから地元の味はさぞやいいものかと。
島内は人口は少ないとはいえやはり交通はあるわけでやはり信号も必要だと思います。
ただ交通量自体はかなり少ないと思います。
民宿は通年営業しているところと夏季のみというところがあるようです。
特にお盆休みなどは予約もいっぱいになることもありますので早めの手配が必要みたいです。

知りませんでした

こんにちわ。
私は両親が新潟の出身なのに、この島の存在をしりませんでした。
佐渡も実は行ったことないんです。
離島って響きだけでもすごく行ってみたくなります。
しかも海の幸がおいしいなんて、いいですね。

No title

島民全部足しても
こちらの小学校の全生徒数に
ならないなんてアットホームな
島!
ココのお巡りさんは全島民の
事わかるでしょうね
きっと昔良き時代の
鍵をかけなくていいような
人との温かい繋がりある
風景を想像してしまいます

東京ファームさんへ。

新潟県人でも佐渡に行った事ない人はいますよ。
粟島はもっと多いんじゃないかな。
私は友人もいるし仕事もあるのでたまに訪れますがやはり船でないと、というのが億劫です。
橋でも架かればいいのに、なんて考えましたがそれこそガソリン税を今の10倍くらい払わないと駄目かな?

nijikazeさんへ。

このくらいの人口だとまさに「離島」という感じですね。
佐渡だと結構人も多いし車も走っているし、島を一周しようと思うとかなりの距離があるのであまり離島っていう感じを受けないんですよね。
粟島ではきっと猫があちこちでのどかに昼寝しているんだろーなー。
離島に猫ってピッタリなイメージ、ありませんか?

懐かしい島です!!

粟島は、家族5人で一度、夫婦だけで一度と、2回ほど訪れました。釣り好きの知人が、毎年のように行き、定宿にしている民宿があるというを聞き、恒例の夏の家族旅行の行き先は、即座に決定しました。

岩船港で車を船に乗り換え着いた島は、なんとものどかな、信号一つない、車もない、時代が一昔どころか、いく昔にもタイムスリップしてしまったような島でした。

我が家族、釣りはしないので、泳ぐ以外は何もすることがない。そこで、役場のレンタサイクルを借り、島内一周を試みました。上二人の娘たちは小学生だったので子供用を借り、三番目は幼児なので夫が乗せ、計4台でスタート。水は、販売機を頼りに最小限を用意。そのうち汗びっしょりで、持ち合わせの水も飲み果たし喉がカラカラ。やっと見つけた一台の販売機で缶ジュース2個調達。しかるにその先からは、行けども行けども販売機一つなし。ぐったりして終点にたどり着いて、食べたスイカのおいしかったこと! お米や魚のおいしかったことなど、ぶっ飛んでしまいました~ 

お陰様で、粟島は、強烈な思い出として、家族みんなの心に、しっかりと刻まれております。

No title

nanaさん、こんばんは。
ご紹介ありがとうございまーす。
そして「粟島」、知りませんでした。
本当に日本には島がたくさんですね。

くろくまさんのコメントを読んでびっくり。
7000もあるんだなんて全然知りませんでした。
でも・・・実はちょっと悲しくなってしまったりもして。。。
確かに7000もあったら当たる確率はかなり低いと思うんですけど、
でも「当てる」ことを目的にした記事ではなかったので・・・。
もしこれがわたしのその記事へのコメントだったら、

「へー7000もあるんですか!知りませんでしたー。
勉強になりましたー。でもその中でなんだと思います??」

みたいな会話になっただろうし、そういうやり取りが楽しいんですよね。
でもそれもできず、ここでこうやってつらつら書くのも変な感じだし
どうしようかなぁとも思ったのですけれど、やっぱり書いてしまいました。

nanaさん、くろくまさん、ごめんなさい。
でもこれだけ取り上げてもらえるならば、もしかして
トラックバックでもしてもらえたらちょっと違ったかなーなんて思っちゃいました。
もちろん本文中にリンクはしてくださってるから、それで
いいという気もするんですけどね・・・。

変にわたしの方でわだかまっちゃうのがいやで、
書いてしまいました。
「そういうことじゃないよー」
とか、なんでもお返事またもらえたら嬉しいです。

失礼しました。

otobokemamaさんへ。

定宿を持っているような常連・リピーターが多いのもこの島の特徴ですね。
自然の他はこれといって施設なども無い島ですが、却ってそれが魅力なのかも。
特に大自然に囲まれる事を知らない人には新鮮な感動があるようです。
釣り好きは当然として、魚を触ることすら出来ない人でもきっとここに来るとお魚好きになるのでは?なんて思いますよ。
あまり知られていない島だけに、知った時には強烈なイメージが植えつけられるのかもしれませんね。

しろちささんへ。

しろちささんが違和感を感じたとしたらそれは私の配慮が足りなかったのかな、ごめんなさい。
ただ私もおもしろおかしく「7000もあるのにわかるわけがないのに」ということを言いたかったわけではないことだけはお伝えしたいと。

正直な思いをこの場で教えてもらえてありがとうの気持ちです。
これに懲りずに寄ってコメントをいただければ私も嬉しいですよ。

ありがとうございます!

nanaさんこんばんは。
すごくお返事しづらいようなコメントだったと思うのに、
こんなにすぐ返してくださってありがとうございます!

えぇえぇそうだとは思っていました。
っていうかそうは思ったんだけど、なんか一瞬悲しくなってしまったことも事実で、
で、それを言わないでいることでかえって足が遠のいちゃったらそっちの方が
いやだなと思ってしまって、それであんなに書いちゃったのでした。

だからわたしに必要だったのは「文句を言う」ことじゃなくて、
こうやってnanaさんとこのことについてこうやってお話することだったんだと思います。
めんどくさいところにつき合わせちゃってすみません(^_^;。

こんなしろちさですみませんですが(本当に自分でもめんどくさいと思います・・・)
これからもどうぞよろしくお願いします!

しろちささんへ。

こちらこそ忙しい中お返事をいただけてありがたいです。
文字で表すということにもっと気を配らなければいけないと実感しました。

私のブログはジャンルもいろいろ、私の気まぐれで言いたいことを綴ることも多いのでフランクでなんでもコメントしてくれて一向にかまわないと思っています。
それが私の記事への反論であれ。
時には「そういう見方もあるよね」と納得する物もあればいろいろと教えてもらえることも多く、多分こういうやりとりがブログを続けていく上での大きな支えになっているんだろうと。

ですからいつでも疑問があったらぶつけてもらってかまわないですし、意見・反論もOKです。
まれ~にエチケットのかけらもないけんか腰の反論があって思わずムカっとしたこともないわけではないのですが、いつもはありがたく読んでいますよ。
基本的に筋立てて書いたりっていうのが苦手で文章も簡潔に書けないため、ピントの外れた返答になりがちなのはお許しいただくとして。
そんなわけですのでよろしく、といったところです。
今日はこれから某所へお花見。
温泉も回ろうと思います。
記事にしたら読んでくださいませ。
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。