--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-17(Thu)

知らないでは済まされない、勉強しましょ!


連日ニュースで取り上げられる「後期高齢者医療制度」について。
正直勉強不足もあり、よくわかりません。
しかし膨れ上がる医療費、そして少子化による人口減で年々若年層の負担も大きくなるのである程度以上の収入のある高齢者にも負担していただかないと、なんて思っていたのですが。

ところが蓋を開けてみるとちょっと違うようですね。
収入が年金のみ、それも決して高額とはいえない人からも容赦なく天引きされる、なんて報道が毎日流されています。
実際のところどうなのでしょう。
もし報道のとおり、弱者へのしわ寄せが大きい制度なら問題があるのでは?


私自身、実はまだ先のこと、なんてさして重要に考えてはいませんでしたよ。
ところが勤務先の同僚社員から相談を持ちかけられました。
彼の母親は75才にはまだかなりの時間があるのにもかかわらず、このたびの制度改正で新たにこの制度に加入せよ、という通知があったそうです。

実は同僚の母親というのは目に障害があって障害者認定を受けているのですが、このたびの制度では75才を待たずとも障害者は加入しないといけないんだとか。
新たに加入ということは負担が出ますよね。
今までは同僚の扶養だったから負担は0、障害を持っているということで75才にも満たないのに新たな負担を強いられるのでしょうか。

とりあえず私も他の事務職の人も詳しくはわからないのでとにかく窓口となる市へ問い合わせることをすすめました。
説明を受けると身障者の場合でも加入は任意ということ、しかしその記述がとても細かい字で書かれていて説明を聞きに行くまでわからなかったんですね。

結局その件は今までどおり扶養のまま、という選択をして事なきを得ましたがなんだか周知や説明が不足しているな、という感じですよね。
で、私もそれから少し気になっていたので少し調べたらこんな記事を見つけました。
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2008041702004234.html

ここには身障者の方の切実な声がありました。
「後期高齢者の制度を選ぶよりほかにない。でも、どうして同じ年代の健常者が、被扶養者で保険料を払わなくていいのに、障害者だと払わなければいけないの」
この通りだとするとやはり制度に矛盾や問題点もあるのではと感じます。

冒頭にも述べたように、従来の制度では今後の健康保険制度はとても厳しいものとなると思います。
ですから何らかの手立ては必要だったと。
しかしやはり現場では弱者への負担増が出始めているのでしょうか。
この新制度についてはもう一度しっかりとした試算を出し、改める点は改めないとそれこそ「姨捨山」を地で行くものになってしまうような気がします。
そして私達若い世代も人事とは思わず、勉強しないといけませんね。


ご訪問ありがとうございます。応援ポチ、感謝しています。
クリックありがとう! 感謝しています 女性向けランキングです

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」温泉の宿泊料金はあなたが決めて下さい。

ゆこゆこ厳選!≪お客様満足度80点以上≫の人気宿をピックアップ
JTBの旅行はこちら
旅工房 クルーズ旅行専門サイト【クルーズスタジオ】
格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

はじめまして、2代目です。

そっと拝見しておりました。(^^)

私にとっても後期高齢者医療制度は他人事ではなく、自分の父が該当しています。いろいろ大変です。

また私には年金特別便が着ました。欠損期間があったことをブログでも書きました。すべてこちらから行動しないと、先に進みません。

一体誰が悪くてこうなったんでしょう。。

だから旅くらいしか、楽しみがなくなっちゃうんですよね~(^^)

また着ます。(^^)

2代目さんへ。

年金特別便は来ていませんが昨年10年以上も前に重複して支払っていた、つまり過払いがあったと通知がありました。
きっと例の騒動がなければうやむやになっていたのでは?と思っています。
信用できない人達に大事な老後を託すってすごく心配です。
これからもよろしくどうぞ。

そうなんですよね

「知らなかった」のうちにいろんなことが進んでいきます。
だから「知らなかった」じゃ済まされないんだよなぁ。
それにはニュースや新聞見るだけじゃ駄目ですよね。
だって都合悪いことは出てこないんだから。

本当はそうやってスポンサーのことを気にしなくていい
NHKがもっと存在感あってもいいと思うんですけどね。
むしろもっと強烈な「スポンサー」からストップかけられますもんね(-_-)

わたしにとってはnanaさんのところがこういう「情報」に触れる
大切な機会だったりします(*^_^*)

しろちささんへ。

ニュースも報道する側次第でどうとでも取れる内容になりますから注意しないといけませんよね。
でも実際難しいことが多いですよ。
今回の件も役所から書類を取り寄せてちょっとだけ目を通したのですがすっごくわかりにくく計算も複雑。
こんなの普通の人に理解させようっていうのがそもそも無理があるような内容です。
でもだからといって官にいいように誘導されるのも癪ですよね。
出来る範囲で理解しようとは思うのですが。
頭の中でショートしない程度に勉強しようかと思っています。

No title

医療費問題高齢者にとっては深刻そうですね。
ほれから深刻な状態にならなければいいですが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

全く、おっしゃるとおりです。
でも、少し慣れました。
後期高齢者医療制度、かなり問題に成っています。
他人事と考えてはいけない問題です。
国民全員、75歳に達する日はいつか来る訳です。例外もありますが。
弱者に負担のかからない方法が他にあると思うのです。
心豊かな暮らしが出来る日本国でありたいと願っている一人です。

あうんさんへ。

まだ今の段階では何とも言えませんがある試算ではこの制度はほんの数年でかなりの負担増となるようですね。
明るい老後など国民は夢を見るな、という政治が続いています。

鉄道・バスの旅さんへ。

制度自体の意義はわかります。
しかし取る所をもう少し吟味してもらわないと。
例えば月額1万円が生活を脅かされる人もいる反面、何の傷みも感じない人もいる。
このあたりのバランスを考えた制度が必要ではないでしょうか。

No title

こんにちわ。
おっしゃられる通り、「私達若い世代も人事とは思わず、勉強しないといけませんね。」です。
自分も含め自分の身に降りかからないと、問題意識をもてない世代が多いと思います。
でも、そんな中でもこれは弱者には重荷だろ?ってわかるものは多々あります。
今回の件です。
切望するのは、年金問題といい、後期高齢者問題といい、足りないから負担しろ ではなく、国自体の努力も見せてほしいと思います。

いぬねこさんへ。

本文にも書いたとおり、会社の同僚の件があって少し調べてみたのですが。
もしそうでなかったらまだ先のこととして見過ごしていたかもしれません。
何事でもそうですがいつかはわが身に降りかかることとして一応はガイドライン程度は知っておかないといけないと思った次第です。
しかし複雑すぎてなかなか素人には理解できない内容でした。

No title

nanaさん~そういうことってよくあるんですよ~福祉の制度を利用していて年齢が65歳だったかな~ある年齢に達すると役所から老人制度のほうを利用するようにとことごとく言われるんですよね~
障害者の方曰く~例えば老人制度を利用すると障害者の施設に通所できなくなって老人デイに通所になるんです~二つの施設は根本的に内容が違うのでリハビリのためにも障害者のデイに行きたいのに~~と。
受けるサービスが違ってくるので障害者は老人制度に移行したくないのに~役所はそうでないとダメみたいな言い方をするんです~。
どうも母体が違うので資金の問題になるようです~
こちらも解からないので言いなりになってしまう老人の方が多いです~nanaさんのお友達はちゃんと調べられてよかったですよね~i-179
奥に進むと納得のいかない制度が多いのが現状ですよね~。

ふふ(*'-'*)さんへ。

勉強不足で未だよくわからないことばかり。
ここでももしかしてトンチンカンなことを書いているかもしれませんのでその時は指摘していただきたいと思います。
私、福祉というとそもそも全てを一括りに考えているんですよね。
だから高齢者福祉、障害者福祉、そしてその他にも一人親とかもそうですよね、その区別すら出来ない私が論じるのも無理があるのかも。
でも基本的な思いは弱者にこれ以上の負担を強いるのは酷だと思います。
もっと取れる所があると思うんですよ。
ここまで言っていいのかわかりませんが今ある保険制度、税制度にしてもいいのじゃないかと。
極論かもしれませんが。

No title

後期高齢者医療制度の批判の声があがっていますね。失礼ながら、もし、これが生活に余裕があって、いつも新聞に政治の不満を投書しているような高齢者の言い分だったら、私は聞く耳をもちません。
なぜなら、過去医療費が無料であることをいいことに、高齢者がむだに病院通いをし、国の医療費負担が増えてしまったからです。

しかし、こちらでの言い分は、障害者というほんとうの弱者。しかもブログなどで声もあげられない視覚障害の方です。その方のためにアドヴァイスをされたnana様の行為には感服しました。

障害者でも、意図的に精神障害を装ったり、わざと手足を折ったりして年金をもらいながら、じつはパチンコ屋通いなんて人もいます。こういう一部のふとどきなえせ「弱者」のために、本当に困っている善良な弱者まで疑いをかけられ、負担を強いられるのは腹立たしいですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

万葉樹さんへ。

誰かが負担しなければいけないのですがその負担割合をどうするのか、やはり相応に収入がある人には負担をお願いするのが当然だと思います。
その収入の多い・少ないの線引きをどうするかということはいろいろと議論しなれればいけないと思いますが。

たとえば今現在息子世帯の扶養になっている人などは所得も限られているわけですよね、それを新たな制度の下で分離して保険に加入させられるというのは少し酷だと思います。

福祉制度を悪用する輩、悲しいですがそういったニュースはよく聞きます。
本当に必要としている人のもとに回るべき予算が悪用する人のために少なくなっているのだとしたら許されないことです。
制度の運用、しっかりとした監視は必要でしょうねぇ。
しかし書類だけで可否を決定するお役所、どこまで期待できるかというといささか不安になります。
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。