--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-12(Mon)

奥入瀬渓流 銚子大滝


青荷温泉で温泉を楽しんだ私達、次の目的地は奥入瀬渓流の「銚子大滝」です。
青荷温泉から国道に出るまではこのような手書きの看板が見送ってくれます。

2008_0506LL0002.jpg


行きも帰りも方言で書かれたメッセージがたくさんありました。
宿のお客に対する真心がこんなところにも表れていますね。



十和田湖畔の子ノ口から通称「瀑布街道」を少し走ったところに「銚子大滝」はありました。
そう広くない道路に駐車スペースがありますが広くはありません。
両脇にびっしりと車がひしめき合って停まっていたのですが一台分が丁度空きました。
ラッキ~、と早速車を滑り込ませて遊歩道へと進みます。

2008_0506LL0014.jpg


程なく銚子大滝とご対面。
横幅15m、落差7m。
時期的に水量も多いほうだと思いますがそう落差もないために飛沫がそこかしこに舞い上がっているという状態ではないですね~。



2008_0506LL0016.jpg


後述する「寒沢の流れ」が銚子大滝下流と合流する少し手前。
なんだか心が和む流れです。
とても滝とはいえませんがなんだか気に入りました。



2008_0506LL0010.jpg


遊歩道を少し下流方向へ歩いてみました。
すると二輪草でしょうか、かなり多く咲いていました。
群落というと大袈裟すぎるかな?
可憐な白い花が下向き加減に咲いています。



2008_0506LL0013.jpg


十和田湖を流れ出た水は銚子大滝を経て奥入瀬渓流を流れて行きます。
ここから下流へと歩いていくと多くの滝があるそうですが・・・。
どうしても日暮れまでに次のスポットへ行きたいので断念しました。



2008_0506LL0019.jpg


車を停めたスペースから道路の反対側へ渡ります。
すぐのところに「寒沢の流れ」がありました。
写真が悪くて分かり辛いと思いますが「流れ」というより「滝」と呼んでもいいような素晴らしいものでした。


奥入瀬渓流の中の一スポット、銚子大滝付近だけを散策しましたがやはりここは時間をゆっくりとって渓流沿いに歩かないと真髄はわかりませんね。
道路沿いにところどころ駐車スペースはあるものの思うように停められませんし大型バスもひっきりなしに通るのでへたなところに停めると非常に迷惑です。

そんなこともあるので自動車の場合は奥入瀬渓流館か石ヶ戸Pに停め、あとは徒歩で回るのがベストじゃないかな。
そうすれば数々の滝も見て回れるし植物を観察したり小鳥のさえずりを耳にしたりできますよね。
ただしそのためには存分な時間を取る必要があります。

くれぐれも路肩に停めればいいや、なんて思わないでくださいね。
はっきりいってすごく迷惑です。
私が訪れたのはピークを過ぎた夕刻でしたがそれでもまだまだ混雑していました。
もっと早い時間だと相当混雑していることは言うまでもありませんよね。

この後は下流側へと渓流沿いを車を走らせ次の目的地へと向かいます。
そのお話しはまた明日。


ポチッと一押しでたいへん励みになります。
クリックありがとう! 感謝しています 女性向けランキングです

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」温泉の宿泊料金はあなたが決めて下さい。

格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】
温泉宿予約は「楽天トラベル」
格安航空券サイト空旅.com
JTBの旅行はこちら
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

こんばんは♪

ほんと、きれいな川&水ですね。
こんな場所が、まだまだ沢山あるんですね。
ますます行ってみたくなった今日この頃です(笑)

広島には、こんなところはまったくないですね。(泣)
もっと、マイナスイオンが浴びれる大自然が欲しいですね。

No title

綺麗な写真なんでっしょうね。
残念ですが、僕のパソコンでは1枚も表示出来ませんでしたよ。何でだろう~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しげ蔵さんへ。

ここは四季を通じて見ごたえのあるところのようです。
ただ残念ながらほんの一部分しか歩いて見られませんでした。
後は車窓から眺めるだけ。
もっと時間が欲しいです~。

あうんさんへ。

え~、どうしてなんでしょうか。
拙い写真ではありますがそれでも見ていただきたいもの。
残念ですがいたしかたありませんね。
文章で表現できれば良いのですが・・・・。

No title

せっかく自然に触れにきてるのに
どうにも迷惑な観光客っていますよね。
人と自然の迷惑にならないよう
慎ましやかに楽しみたいものです。

No title

「家さ着ぐまで気つけでぇ」
何てあったかい言葉でしょう。
方言は無くしてはいけませんよね。
この辺りはまだ寒いのでしょう?
応援!

No title

旅心を満喫するためのひとつの要素、それが方言ですね。

こんな看板見れば、笑顔がこぼれそうです。

あと、奥入瀬渓流・・

もう時効だと思うんですが・・

・・その昔、ここの大きな石をちょっと失敬して、漬物石として使ってました。

はい、反省しています。(^0^;

奥入瀬渓流さん、ごめんなさい!

くろくまさんへ。

実は「寒沢の流れ」のドまん前にも一台路駐している車があって・・・・。
私が近付いてすぐに走り去って行ったのですが。
車を停めて見たい気持ちもわかるのですが。
訪れる客のマナーが悪いとマイカーの制限とか結局自分達の不利益になるんですけどね。
しかし今後このようなところはマイカー乗り入れ禁止とかの措置のほうが自然のためにはいいのかも。

マコトさんへ。

こんな看板がいっぱいありました。
ぬくもりが感じられますよね。
まだ桜が咲いていたくらいですから気温も低いはずだと思います。
というのもこの日はとても暖かく、川を渡る風が心地良く感じるほどの陽気でした。

2代目さんへ。

あちらは当たり前に使っている言葉なのにね、なんだかとっても嬉しくなります。
その土地の食べ物同様、土地の言葉に触れ合うのも旅の楽しみの一つなんでしょう。

漬物石ですか~、奥入瀬の石だと一味違いますか?
持ち帰るのは思い出だけにしましょう~。

No title

nanaさん~水の流れの音が聞こえてきます~i-85
写真一枚一枚で流れの音が違って聞こえます~渓谷の緑も美しい~~本当に素敵な景色ですね~~i-179
↓のランプの宿も風情があって素敵でした~。
nanaさん~いいお休みでしたね~東北は行ったことがなくて憧れの土地なんだけれど~nanaさんの記を読んでますますあこがれちゃう~~i-237
次はどこかしら~?
楽しみです~i-233

こんにちは

奥入瀬は本当にキレイなところですよね。
昨年秋に初めて訪れたのですが、空気も水も澄んでいて、
癒されたことを思い出しました。
もしよかったら、その時の記事がありますので、ご覧になってください。

No title

方言でお出迎え
いいですね~♪
この水の流れって見てると
気持ちいいですよね♪
「寒沢の流れ」
滝のように見えますね
緑と水でエネルギー補給
させていただきました♪
ありがとう~♪

ふふ(*'-'*)さんへ。

青荷温泉でゆっくりしたため奥入瀬ではかなり時間が厳しくてホントに少ししか滞在できませんでした。
やはりこうゆうところはじっくりと時間をとって歩いて回るのがいいようです。
何度でも行きたいです~。

いぬねこさんへ。

秋もいいですね、というか四季折々に楽しめるところではないでしょうか。
一度行っただけではその魅力の全てはわからないかもしれませんね。
いぬねこさんの記事、拝見させていただきますね~。

nijikazeさんへ。

「寒沢の流れ」はもう殆ど滝といってもいいぐらいでした。
奥入瀬にはいっぱい滝があるので敢えて滝と名乗らない方が新鮮なのかもしれませんね。
いや~、ホントに水辺っていうのは癒されます。
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。