--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-14(Wed)

東北ドライブ3日目 鉛温泉 藤三旅館

東北ドライブもいよいよ最終日となる3日目。
今日は朝から温泉の予定です。
目指すは岩手県花巻市にある鉛温泉。

鉛温泉には一軒宿となる「藤三旅館」があります。
旅館部の他に湯治部も備える、旅館としては200年以上の歴史を持つ由緒正しいものです。
立ち寄り湯は朝の7時から受け入れてくれます。


2008_0506LL0054.jpg


本館は木造3階建て・総けやきづくりということで風格のある建物でした。
このお宿には全部で5つの源泉を有し、そのすべてが掛け流しで楽しめるということです。

藤三旅館といえばやはり「白猿の湯」は外せません。
混浴の内湯なんですが何と言っても浴槽の深さが普通ではありません。
なんと水深は1.25mです。
もちろん立って入ります。

小判型の浴槽は底から温泉が湧いています。
無色透明で湯温も適度でした。
この他に小さな円形の浴槽もありこちらは湯温がかなり低め。
HPでは加温なしとなっていましたがもしかすると小判型浴槽は加温してあるのかもしれません。

どちらのお湯も驚くのはすごく温まりの良いこと。
浸かっているとそう熱さを感じているわけではないのに汗が良く出ます。
これは特筆物です。
そのせいか低温の小さな浴槽もすごく心地良く入ることができました。

日に数度女性専用時間がありますが基本は混浴です。
脱衣所は2箇所ですが特に男女の別もありません。
かろうじて目隠しがあるだけ。
しかしながら浴場内全体が薄暗いのでそう混浴に抵抗は無かったです。

実は写真も撮影してここでご紹介したかったのですが・・・。
後からわかったのですが残念ながら「白猿の湯」は撮影禁止だそうです。
しっかりと撮影して浴場を出た後に知りました。
というわけでここでUPすることは自粛いたします。
HPの画像をご覧ください。
http://www.namari-onsen.co.jp/spa/sirozaru.html



2008_0506LL0052.jpg


桂の湯の男性用内湯です。
鉛温泉の由来
「今から600年程前、当館・藤井家の遠い祖先が高倉山麓でキコリをしている時に、岩窟から出てきた1匹の白猿が、カツラの木の根元から湧出する泉で手足の傷を癒しているのを見て、これが温泉の湧出であることを知り、1443年頃に仮小屋を建て、一族が天然風呂として開いたと伝えられています」

由来からわかるように桂の木の根元から湧出したとされていますがそこから取られた名前なんですね。
こちらは近代的で洗い場も広く、カランやボディーソープ、シャンプーなども完備しています。



2008_0506LL0049.jpg


桂の湯 露天風呂
渓流を眺めながら入浴できます。
もう何も言うことはありません。
とっても心地の良いお風呂でした。

この他にも「河鹿の湯」、「白糸の湯」、「銀の湯」があります。
こちらはそれぞれHPの画像をご覧ください。
http://www.namari-onsen.co.jp/spa/index.html

GW中ということもあって宿泊は満室、館内も賑やかさがありました。
とはいえ湯治宿らしく騒がしいといったことはなく、とても穏やかに時間が過ぎていくように感じます。
きっとこの旅館の持っている歴史と建物の佇まいが訪れる客にそのように感じさせるのでしょうね。

またもや大満足のお湯を楽しめました。
名前だけは知っていましたが実力も名前以上のものです。
そして「白猿の湯」でご一緒した年配のご夫婦、とってもいい味を醸していました。
特に奥様が明るく話題を振りまくことによって浴場にいる人が旧知の知り合いのように語り合い、すごく場を和ませてくださいました。
混浴の気恥ずかしさも消え失せ、とても楽しいひと時でしたよ。
昨今、盗撮やらマナーの悪い男性客のことが話題になりますが決して混浴ってそんなところばかりではありませんね。
このような場所はいつまでも大切にして欲しいものだとつくづく思いましたよ。

温泉を楽しんだ後は国道4号線を南下。
さらに続きます。


ご訪問ありがとうございます。応援ポチ、感謝しています。
クリックありがとう! 感謝しています 女性向けランキングです

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」温泉の宿泊料金はあなたが決めて下さい。

ゆこゆこ厳選!≪お客様満足度80点以上≫の人気宿をピックアップ
JTBの旅行はこちら
旅工房 クルーズ旅行専門サイト【クルーズスタジオ】
格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

1.25mってずいぶん深いですね。
小さい人はアウトですね。
ところでnanaちゃんは混浴に平気で入れるんだ。
私は抵抗あるけど馴れたら大丈夫なもの?

No title

温泉いいですねっ!HPの画像見ましたが
どの湯もとっても素敵です。

混浴って私は経験した事がないんですが、
nanaさんのように素敵なご夫婦に出会える
のなら入ってみたいかなぁなんてちょっと
思っちゃいました。でもやっぱり恥ずかしいかな・・・

マコトさんへ。

浴槽のへりの部分が一段高くなっているのでそこに乗っていれば小さな人でもなんとか・・・。
私で首まで、相棒でも胸の辺りまで浸かります。
混浴は浴場の作りや雰囲気、他の人の様子などで変わります。
入りやすいところもあれば抵抗の強いところも。
もちろん断念したこともありますよ~。

ぶーぶー豚ちゃんさんへ。

ここは薄暗いこともあって割りと入りやすいです。
ただお湯が透明なのでお湯に入ってもそれなりに見えます。
最初は脱衣所が完全に分離していて浴槽にも仕切りや岩などで逃げ場のあるようなところ、そしてお湯が濁り湯だとベストです。
あとは他の人がいない時間を見計らってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nanaさん~おはよう^^*

nanaさん~お湯自体になんだか歴史を感じちゃいますね~趣があって時の流れを感じます~i-179ここも素敵な所ですね~^^*
↓はまだこれから読みますね~~~
昨日ね~テレビで国道の話題を~~
その中でnanaさんが教えてくださった竜飛岬のあの階段の国道を取上げてて~~
おぉ~~っ!nanaさんのあのお写真の所だぁ~ってnanaさんを思い出しながら観ました~^^
これを伝えたくて~朝からお邪魔~~i-237

ふふ(*'-'*)さんへ。

やはり歴史ある温泉というのは効能云々もありますが精神的にもかなり癒されます。
趣のある浴場もいいですね~。
階段国道、TVに出ましたか?
日本でここだけということですからやはり珍しいですから。
だって階段で人しか通れないのに国道って・・・。
ちなみに新潟の日本海には海の上に国道があります。
佐渡航路はれっきとした国道350号なんですよ、知っていました?

いいですね~

この旅館すごくいいですね。
こういう味のある旅館、東北っぽくて好きです。
温泉もよさそう♪
次回東北旅行する際の候補に入れたいです。

温泉♪

こちらもいい感じに鄙びたお宿ですね。
特に渓流の見える露天風呂・・・。
混浴はちょっと恥ずかしいかなぁ。
馴れの問題ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。