--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-10(Tue)

いよいよ医師不足が深刻化するのかも。勤務医からフリーへ


こちらにお越しの皆様で手術の経験者はおられますでしょうか。
私は経験がありません。
さて手術といえば必ずお世話になる人が「麻酔科医」です。
手術内容によって部分、全身等の種類があるようですが、特に全身麻酔ではまかり間違うと直接生命の危険に係わります。
いかに重要な立場の人かということがいえると思います。

この手術時には欠かせない麻酔科医、最近はフリーで働く人が増えているとか。
特に公立病院からの大量退職が見られるということです。
私は医療の世界にそう詳しくはないのですが、医師というのは「勤務医」「開業医」と二種類に分けられると思っていました。
しかしその他にも「フリー」というカテゴリーもあるんですね。

なぜ最近フリーになる麻酔科医が増えたのでしょう。
原因は激務ということらしいです。
医学の進歩により手術自体はどんどん増えていくのに対して麻酔科医の絶対数は不足していると言うこと。
特に大学病院では月の残業時間が100時間を越えるのが当たり前だそうです。

大学や公立病院ではかなり以前から勤務医の過労が言われていました。
救急患者を受け入れるところはなお更。
そんなこともあって麻酔科医に限らずこのような病院を後にする人も増えているようです。
勤務医の労働条件を今早急に考えないと今後いろんなところで問題が出てくるのではないのでしょうか。

まず言われていることはフリーになると仕事を確保しやすい大都会に集中するということ。
そうすると地方、特に過疎地ではオペ室が空いているのに麻酔が受けられずに手術が出来ない、なんていう状況も考えられます。

最悪麻酔科医の確保が激しくなり、報酬が異状に高くなって負担が増す、なんてこともあるかもしれません。
その負担は患者のところに来るのでしょうね。
健康保険の支出も大きく増えるかも。

今でさえ健保組合などは経営が大変。
政府管掌でさえ収支が厳しくなんとか医療費全体の削減を目指しているというのに逆行する形です。
医師の勤務、働き方に他人が干渉するべきではないのかもしれませんがこのようなことが起る可能性を考えると医師のフリー化というのはあまり歓迎できるものではないのかも。

過疎地では無医村というところも実在しますし、公立病院があったとしても医師不足から診療科目が減らされたり緊急手術を受け入れないところも増えているとか。
やはりしわ寄せは地域の患者に来るようです。

このような状況を打開するためには医師の絶対数を増やすしかないのでしょう。
ただ数の増加が質の低下、となっては元も子もありません。
このあたりも良く考えた上で何らかの措置を取らないと。

厚労省の調べによると2006年度の病院に勤務する医師の総数はおよそ16万8千人。
うち麻酔科医は5700人程度だそうです。
素人目で見ても少ないような気がします。

医療費の増加に伴って私達が掛ける健保の掛け金も今後増加していくのでしょう。
なのに受けられるサービスは落ちていく、これでは困りますよね。
今は元気に暮らしていてもいつ何時不調を来すかわかりません。
そんな時に医師不足、麻酔が受けられないなんてことになったら・・・。
国民の生命に直結する問題だけに先延ばしすることなく早く、そして長期的な施策を考えてもらわないといけません。
関係省庁や議員の先生方に期待したいところですが・・・・・。
どうなんでしょうね。

気になるコラムがありましたので取り上げてみました。
皆様はどうお考えですか?
R25→http://r25.jp/magazine/ranking_review/10003000/1112008052907.html?vos=nr25an0000001



ご訪問ありがとうございます。応援ポチ、感謝しています。
クリックありがとう! 感謝しています 女性向けランキングです

旅の情報
温泉情報「予約宿名人」温泉の宿泊料金はあなたが決めて下さい。

ゆこゆこ厳選!≪お客様満足度80点以上≫の人気宿をピックアップ
JTBの旅行はこちら
旅工房 クルーズ旅行専門サイト【クルーズスタジオ】
格安旅行の革命サイト【てるみくらぶ】
旅行の思い出は、ネットでデジカメプリント
お小遣い稼ぎに最適なポイントハンター

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

ドリームです。

確かに、
医師不足は深刻ですよね。

今までは、
いて当たり前だったのが
気づいたら、
こんなにも不足していたなんて・・・。

医師の数が減れば減るほど、
現在の医師たちの労働環境も
過酷になっていくんですから、
早く手を打って欲しいですね。

では、
また遊びに来ますね。

更新楽しみにしてます。

No title

医師不足深刻ですよね
産婦人科医も小児科も
少ないとテレビで
以前やってたのを
見ました。
小児科は子供相手で
人手が沢山要るわりに
儲けが少ないからとか?
やはり
リスクが多い科の医師は
少ないんですかね?

ドリームさんへ。

ドリームさん、初めまして。
私はあまり医者にはかからないのであまり実感としてはないのですが・・・。
しかしこちらでも大きな病院で大量退職があったり地域の基幹病院が閉院したりとその地方の人達には大きな影響が出ているようです。
仰るとおり医師不足が続くことによって勤務医の過労はどんどん増して行きます。
望ましくない状況ですよね。
早い対策が望まれます。

nijikazeさんへ。

産科医不足は地方によってはかなり深刻なところもあるとか。
ところで政府の少子化対策はどうなっているのでしょう。
肝心の産む施設が無くなれば出産もおいそれと出来ません。
形だけの大臣を据えても実際これですからね。
医師は都会に一極集中、地方には無医村も実在します。
信じられます?お医者さんが住む町・村にいないんですよ。
またいたにしても1人で何でも対応しているところもあります。
同じ国なのにすごい格差があります。
そしてこの差はどんどん広がっています。
こちらもどうぞ
RSS新着情報

交渉して安く泊まれる 温泉情報「予約宿名人」
プロフィール

 nana

Author: nana

居住地:新潟県

同居人:相棒

趣味:温泉、ドライブ

ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
リンク
コメントありがとう!
リンク様の更新
120-60-2.gif
最近のトラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
edita.jp【エディタ】
お得な旅行情報です


宿泊料金はあなたが決める!! 温泉情報「予約宿名人」  


JTB旅行情報はこちら

1万円以下の宿を厳選

八重山専門の旅行サイト

全国発のお得な沖縄旅行なら

えっ!ホントに!この値段?

国内航空券ならおまかせ!!

都市間格安バスの手配なら


日々の暮らしを豊かにします


保険のことなら







掲載料をゲットできます

お金が貯まるアンケートサイト マクロミルへ登録

お小遣いならここで決まり 120-60-2.gif


美容外科、美容整形

ソフト不要のフジカラープリント

ナウでヤングな!

データ入力代行

ナチュラルガーデン

家庭向け医療食なら

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
フリーエリア

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。